ppBlog — the powerful personal-publishing tool

[ Tags :: 訃報 ]

どうもそのページはないようです。。

J・D・サリンジャー氏死去 米作家

・D・サリンジャー氏死去 米作家Link
J・D・サリンジャー氏(米作家)代理人によると、27日、米東部ニューハンプシャー州の自宅で老衰のため死去、91歳。1951年の青春小説「ライ麦畑でつかまえて」で世界的に有名。極めて寡作で65年以降、隠居生活を送り公の場に姿を現さず、伝説的な作家だった。


ちょうど20年位前に、「パンクロッカー必読の書」と言って「ライ麦畑でつかまえて」を貸してくれた娘がいたけれど、いやいやSINSEIはパンクロッカーではなくてハードロッカーだったんですけれど、、、``r(^^;)


どうもSINSEIは翻訳本が苦手で、実は今ガストン・ルルーの「オペラ座の怪人」を読んでいるんだけれど、実はこれ昨年末に図書館で借りてきて、ただ今延長に延長を重ねている最中。。。


面白くないわけじゃないんだけれど、、、映画よりも結構ラウルの心の揺れが詳細に書かれていて(てかこれ主人公がラウルだよね?)面白いんだけれど、


どうも読むペースが上がらないし、一度表紙を閉じると再び開くのが億劫になってくる。


訳者にもよるんだろうけれど、なんか不自然な日本語に違和感を覚えて気が萎えちゃうんだよなぁ~。


で、なんだっけ?


あ、そうそう、でこのサリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」も結局、主人公が列車の中で合席になった貴婦人(だったっけ?)のたばこの吸い方になんか憧れるシーン(そんなのあったよね?)辺りで挫折した経験があるんですけれど、、、``r(^^;)


でもその娘は何気にSINSEIにいろいろ影響を与えてくれた娘で(本人はそんなこと全く思ってはいないだろうけれど、、、)


その頃ハードロック一辺倒だったSINSEIにRCサクセションやストリートスライダースを教えてくれたのもその娘だったし、


その頃まだ珍しかったミニシアター(単館映画館)、吉祥寺の「バウスシアター」でケン・ラッセルの映画「サロメ」や「ゴシック」と言った映画を観たのもその娘とだったし、


極めつけは「丸尾末広」という存在を教えてくれたのもその娘だった。まさか女性からこのような漫画を借りるとは思ってもみなかったけれど、エログロも極めれば芸術となり思想となるんだなぁ~と感心した憶えがある。(まぁ現代版漫画版江戸川乱歩と言ったところか?)


実はこの頃の体験は今なおSINSEIの感性に色濃くとその影響の残していたりします。


とまぁ~そんなことを思い出させてくれるニュースでございました。謹んでご冥福をお祈りいたします。


【ニコニコ動画】山崎美貴「借りたままのサリンジャー」



借りたままのサリンジャーの歌詞を教えて下さい - 教えて!gooLink


結局あの本ちゃんと返しただろうか?ちょっと記憶がないのだけれど手元にないってことはちゃんと返せているよね?






       


— posted by SINSEI at 11:24 am   commentComment [2]  pingTrackBack [1]

この記事に対するコメント・トラックバック [3件]

Up1. たわば! — 2010/01/29@11:50:50

ライムギ畑は読んだことがないのですが、二つのキーワードに釣りあげられました
丸尾末広、私の友人も好きですよ・・音楽好きの感性にうったえるものがあるのかな?
漫画版江戸川乱歩かぁ・・絵が緻密で美しすぎて、それが描写しているものとのギャップがたまらないのかなあ
私はギブ寸前でした、舌のボツボツまで丁寧に描いてあったり、うぉぉもう許してください!とぶっちゃけそうでしたが、嬉々として見せてくれる友人の手前、言葉を飲み込みました
文章で読むのはいけるんだけど、彼の絵が本当に素晴らしすぎて直視できない、気の弱いものは思わず目を背けてしまう、それも芸術なんでしょうね
五分刈り忍者は案外見かけ倒しでヘタレなのです・・
ゴシックお好きなのですね、私も何度か見ました
あれくらいのエログロ(ってほどでもないのか?)なら大好物です
サロメも同じ監督作品なのですか、機会をみつけて借りてみたいと思います
血はともかくとして、肉肉しくなければ見られる、ケド・・

Owner Comment SINSEI Website  2010/01/30@13:22:00

たわば!さん、こんにちわ!コメントありがとうございます!

二つのキーワードに釣りあげられました

(笑)結構ネタ散りばめてますので、拾ってもらえると何気に嬉しかったりします。``r(^^;)

丸尾末広、私の友人も好きですよ・・

おお、丸尾末広ですかぁ~。結構女の子に人気がありましたよね?

というか、SINSEIの世代だと「ナゴムギャル」(ってわかりますか?)とかに人気があった。あと戸川純とかの流れとか。好きなアーティスト(パンク系・インディーズ系)に影響されて、みたいな娘が多かったけれど、たわば!さんの友人もそんな感じだったのかな?それとももともとそういう感性の娘だったのかな?

音楽好きの感性にうったえるものがあるのかな?

確かにそれあるかも?なんでだろうか?

SINSEIもめちゃめちゃそんなに好きだったわけでもないし、直接自分で本を買ったり集めたりってわけじゃなかったけれど、なんか気になる存在としてずっとあったし、結構バンド仲間でそういう人たちって多かったよなぁ~。

「少女椿」っていう丸尾末広原作のアニメ映画(笑)って言うのがあって、面白半分で一緒にバンドのメンバーと観に行ったりね。

まぁ音楽好きはともかく、当時サブカルチャーの中での大きな流れの一つではあったし、当時のインディーズブームもサブカルチャーの一つと捉えると、共通項はあるのかなぁ~、なんて。

でも確かにSINSEIも含むある種の人々の、その感性のある特殊なツボを刺激するのは間違いないのかも。

漫画版江戸川乱歩かぁ・・

例えば乱歩から連綿と受け継がれている日本の幻想文学(←ファンタジーという意味ではないです)の系譜?とか、

例えば澁澤龍彦とか夢野久作(あっ!「ドグラマグラ」もその娘に借りて、途中で挫折して返したんだ)とか、寺山修二とか高取英(月蝕歌劇団)とか、

そんな流れの中に存在するんだろうなぁ~という感じですね。

絵が緻密で美しすぎて、それが描写しているものとのギャップがたまらないのかなあ

「残酷でありながらも、哀しいほどに美しい」ということなんだろうと思います。

嬉々として見せてくれる友人の手前、言葉を飲み込みました

(笑)わかります、わかります、その気持ち。。。

最初SINSEIが借りたのはコミックの様なものだったんですけれど、どっちかって言うと丸尾末広の中でもエロよりのもので(汗)田中角栄をパロったような人が出てきて(汗)「これ読んでなんと感想を言えば良いのだろうか、、、``r(^^;)」

その後に丸尾末広が「甘粕事件」を描いた絵を観て、これがものすごく鮮烈でいっきに惹き込まれましたねぇ~。

文章で読むのはいけるんだけど、彼の絵が本当に素晴らしすぎて直視できない、

SINSEIももちろん、実写ではああいうのダメ、全く駄目、ホラーとかスプラッター物とか、とにかく血がダメなんですけれど、、、でも絵であのように鮮烈に描かれると衝撃を受けますよね。

気の弱いものは思わず目を背けてしまう、それも芸術なんでしょうね

芸術のひとつの醍醐味って、我々常人では見ることのできない「狂気の世界」を見せてくれるってことなんだろうと思います。

彼らが我々の身代わりとなって、狂人の眼から見た甘美な世界を描いてくれる、見せてくれる。

SINSEIが「芸術家の人格と作品の評価」は別々にして欲しいという所以であります。


ゴシックお好きなのですね、私も何度か見ました

おお、マジです!それはすごいです!

でも「ゴシック」は厳密に言うと好きだったのはその娘の方でSINSEIは付き合わされたクチでだったのです。。。``r(^^;)

だから今ではほとんど内容を憶えていないのですが、映像が暗かったのだけはよーく憶えております。あれはお城の中のお話でしたよね?電気も通っていない頃の時代のお話で明かりと言えば蝋燭だったような、、、。

でももう一度じっくりと見てみたい映画ではあります。

サロメも同じ監督作品なのですか、機会をみつけて借りてみたいと思います


実はSINSEIはその後に観た「サロメ」の方が結構記憶に残っております。「ゴシック」がイケるなら「サロメ」も全然OKだと思いますよ。でもDVD化されていないんだよなぁ~確か。。。

「サロメ」もほんともう一度見てみたい映画です。

とにかく結末をもう一度確認したい。なんせ20年前位に観た映画なので、SINSEIの憶えている結末が記憶違いなのかどうなのか、本当にあんな結末だったのかどうなのか?もう一度確認したい。

まるで夢の様な結末というよりか、夢であって欲しい!と思ってしまう様な結末でした。「芸術の狂気性」というものが良く描かれております。


あ!全然話は変わりますが、NOKKOのNew Album「KISS」聴きました?なんだかセルフカバーと男性アーティストのカバー集みたいですよ。

http://www.universal-music.co.jp/nokko/index.htmlLink

たまたまFMで佐野元春の「SOME DAY」のカバーを聴いたのですが、声が生声っぽくて、なんだか本当にすぐそこで歌ってくれている様な、そんなアレンジで、しかも素朴でストレートで、結構良かったですよ。


また長くなっちゃいましたぁ~でわでわ!

3. 得アマゾン情報局 Website — 2010/01/29@19:39:57

ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)J.D.サリンジャー白水社 刊発売日 1...
続き »

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2018.10
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
Created in 0.1334 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger