ppBlog — the powerful personal-publishing tool

MACDについて

さて今日はMACDについてのお勉強です。

普段何気なく使っているオシレーター系のテクニカル指標ですが、

そもそもオシレーター系ってなんぞや?てことなんですけれど、オシレーターというのは「振り子」という意味でどうやら逆張り系の指標ってことみたいです。

これに対して順張り系の指標はトレンド系の指標ってことですね。。(移動平均線とか)

で、このMACDですが、オシレーター系の指標なので逆張り系の指標ですが、いわゆる「買われ過ぎ・売られ過ぎ」を推し量るものとはちょっと違うみたいですね。

またそもそもEMAを基に作られているので、オシレーターの中でもトレンド系というか、いわゆるボックス相場には「だまし」が発生しやすく向かないということらしいです。

SINSEIがつかうパラメーターはオーソドックスに(12.26.9)です。左から(短期EMA.長期EMA.シグナルEMA)ですね。

計算式は  短期EMA-長期EMA

ですからこの値が =0になったポイントが短期EMAと長期EMAがクロス(GCもしくはDC)のポイント。
チャート上でいうと0ポイントを上抜けるか下抜けるかの均衡した位置ということになります。

またトレンドの序盤中盤ではMACDは大きく上昇(下降)し、終盤では短期横ばい・長期継続する傾向にあるとのことです。

またシグナルとのGCやDCも売買ポイントと判断されます。

また  MACD-シグナル

で表される MACDヒストグラムというのもあり、これも0ポイントの上だと買いが強い、下だと売りが強いと判断されます。


※まとめ
【買いシグナル】
・MACDがシグナルをGC⇒上昇トレンド開始の可能性
・MACDが0ポイントを上抜け⇒上昇トレンドの確認
(短期移動平均線が長期移動平均線を上抜いた地点 GC

・逆行現象
相場が下降しているのに、MACDが下げ渋る状態
価格が低水準にある場合、下落力の低下、底値反発という転換点

ヒストグラムが上方向に出ている場合には買いが強い
ヒストグラムが下方向へ出ている場合には売りが強い

逆行現象(ダイバージェンス)
【価格】と【MACDとシグナルのクロス】との逆行現象
【価格】と【MACDヒストグラム】との逆行現象
トレンドの変わり目を示唆するサイン

 

— posted by SINSEI at 06:56 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2013.2
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
 
Created in 0.0328 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger