ppBlog — the powerful personal-publishing tool

FXのPips表示について

さてそれではちょっと自分の頭を整理するためにFXの基本的なことをちょっと書き記したいと思います。

まずはFXでのPips表示について

実はこのPips表示ってSINSEIは最近知ったのだけれど、今ではFXではこう表示するのが一般的なんだね。○円○○銭というかたは古いみたい。なのでSINSEIもこのPips表示に切り替えていこうと思う。

ということでちょっと整理しておきたい。

Pipsというのは「Percentage in points」の略で「あるポイント(最小の通貨単位)での1パーセント(1/100)」ということらしい。

つまり日本円ならば最小単位1円の1パーセントは0.01円、つまり1銭。これが1Pipsとなる

1円=100Pips
1銭=1Pips

例えば日本円で米ドルを1万通貨単位買ったとして
米ドルが1円上がると100Pipsの儲けで1万円の利益
米ドルが1銭上がると1Pipsの儲けで100円の利益
てことだね。

それでは米ドルでは?

米ドルの最小単位1セントの1パーセントは0.01セント、1セントは0.01ドルだから0.01セントは0.0001ドル。これが1Pipsとなるらしい。

1ドル=10000Pips
0.01ドル=1セント=100Pips
0.0001ドル=0.01セント=1Pips
てことでいいのかな?

ここで気になるのは
例えば米ドルで日本円を1万通貨単位買ったとして
日本円が1ドル上がると10000Pipsの儲けで10000ドルの利益
日本円が0.01ドル=1セント上がると100Pipsの儲けで100ドルの利益
日本円が0.0001ドル=0.01セント上がると1Pipsの儲けで1ドルの利益
てことでいいのかな?

仮に1ドル100円と仮定した場合に
10,000Pipsで1,000,000円の利益
100Pipsで10,000円の利益
1Pipsで100円の利益


なるほど!レートが1米ドル=100円ならば
1Pipsは米ドルでも日本円でもだいたい100円ぐらいの価値があるわけだ。

てことでいいんだよね?

— posted by SINSEI at 07:57 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2013.2
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
 
Created in 0.0178 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger