ppBlog — the powerful personal-publishing tool

中野友加里という季節

すでに皆様ご存じのとおり、3月3日付け(発表は4日夜)で中野友加里さんからの正式な引退発表のメッセージが、ご本人の公式サイト及び応援ブログで公表されました。


感謝 - ジャーナル(2010年3月3日) - 中野友加里公式サイトLink


中野友加里選手からファンのみなさんへのお知らせです - 中野友加里応援ブログLink


SINSEIが最初にその一報を聞いたのは友人からの一通のメールでした。


「鈴木さん世界選手権でメダル目指すって言っているけれど、これって来季のことだよね?」


それがまさか中野さんの世界選手権の辞退による繰り上げ出場の決定だったとはその時は露ほども思いませんでした。


いろいろなことが頭をよぎりました。私達の想像以上に怪我が良くないのか?その為ワールドへ向けての練習が上手くいっていなかったのか?五輪での数々の選手の演技に中野さん自身何か思うところがあったのか?日スケ連から何か示唆(もしくは圧力)があったのか?


不謹慎にもそんなことまで考えてしまっていました。(それくらい動揺していたということです)


しかし私達の中野友加里は私達が思っていた以上の中野友加里らしさでもって、その選手生活にピリオドを打っていたのです。


2月22日、前の週に男子の競技も終わり信夫コーチが帰国されるのを待って、オリンピックの補欠選手という役割の解けるこの日、日スケ連との義務を果たし終えた上で、五輪女子フィギュアの誰の演技を見ることなく引退届を提出しました。


そこにギリギリまであきらめずオリンピックの夢を追い求めた中野友加里の姿があり、競技者としての最後のプライドをみせる中野友加里の姿があったと思います。


今振り返ってみて、自分にとって中野友加里とは何だったのだろうかと、彼女のどこに惹かれたのだろうかと考えています。


中野友加里がきっかけでフィギュアスケートを見るようになり、


それまで何の変哲もないただの日記の延長上の様なこのブログに、中野友加里がきっかけでフィギュアスケートのことを綴るようになり、


中野友加里の一挙手一投足に一喜一憂し、


いつしか中野友加里を通して大きな舞台の夢を追い求め、気付いたら中野友加里と共に歩き、共に闘い、共に笑って、そして共に泣いていた。


今までこれほどまでに誰かのことを思ったことが過去にあっただろうか?


中野友加里のその「輝こう」とするひたむきさ、努力と根性、凛として春風のように明日をみつめていたその眼差し。


彼女のフィギュアスケート人生、幾つの悔しい思いをしてきただろうか?そして幾つの涙を流しただろうか?幾つの喜びがあり幾つの悲しみがあっただろうか?


傷ついた戦士は、その悔しさを忘れない。悲しみのマドンナは、その笑顔に隠した涙の意味を忘れない。


そしてあきらめずに最後の一分一秒まで真剣に戦った、貴女の姿を私たちは忘れない。


SINSEIにとってのこの四年間は「中野友加里」という大きな季節だったのだろうと思います。もう二度と訪れない最初で最後の熱い季節。


今その大きな季節が終わろうとしております。


これからはそれぞれがそれぞれの夢を追い求めて歩みだす季節です。


でもそれでも、いつでも私達の心は貴女と共にあります。






   


— posted by SINSEI at 03:51 am   commentComment [6]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [6件]

Up1. TO. — 2010/03/06@12:06:29

SINSEIさん、応援ブログへの素敵なメッセージを拝見させていただきました。
私は、伝えたいことは決まっているのですが、メッセージが纏まっておりませんので、後日ということで(笑)要旨だけ。

「凛としたあなたが誇りでした。夢をありがとう。祝 輝ける門出!」

ご本人からのメッセージを読み、2月22日という日の意味を考え、全日本からMOIまでのTV映像を何回も見返し、みなさまが想像されているような状況が、確信できました。

全日本の結果が出た時点で、四大陸・ワールド辞退、引退は決断されたのでしょう。インタビューでの「(問)五輪残念でしたね」「私にはやることがありますから」や、MOIでの吹っ切れたというか開放されたような表情や行動(昨シーズン比)、いつもの「これからも応援よろしくお願いします」が書けないので出せなかったお礼の葉書。

しかし夏の五輪で補欠繰上げができなかった失態や、2006ワールド繰上げの恩田選手が十分には間に合わなかった過去に鑑み、補欠の任だけは果せるよう調整され、その任が解けた当日に連盟に届出。本当に中野さんらしい、潔ささ、周到さ。

2008ワールド4位後の江南市トークショーでの「将来はメディア」を正に実現され、佐藤夫妻の元での6年とファンとともに夢を実現させるべく真剣勝負した4年間を糧として、何の憂いも無く次の一歩を踏み出す。普通ならヤッカミ半分で使う「カッコ良すぎ」という言葉ですが、本心から「格好良すぎ」と思っています。

Twitterでの「正直この先どのように女子フィギュアと関わって行けばいいのか、誰を応援したらいいのか、そもそももうあんな選手二度と出て来ないんじゃないか、と。途方に暮れてます。」についての私の考え。

同様の話をTawashiさんからもいただきお答えしましたが、スケートのファン暦が多少なりとも長い者として、ここでもお答えしておきます。

私が本当にファンになったのは、有香さん、中野さん、小塚君、川口悠子さんしかいませんので、かなりハードルが高いですよ。各人に共通するのが、スケートは勿論ですが、人生観というか信念というか一本筋の通ったものを持っていること。その人間的魅力が無ければ興味は無いですね。

日本のシニア女子選手には残念ながら該当者なし。

ジュニアで卓越した(現在の世界シニアトップに並ぶ)ジャンプ能力がなければ、シニアになって新たに跳べるようにはならないし、能力が落ちる場合の方が多いので、候補にはできません(村元、水津、西野等)。

その意味では、村上、藤沢選手が将来の候補とはなります。彼女たちが高校に上がり勉学とスケートにどう向き合っていくか、そこでどういった人間的魅力を発揮できるようになるか、気は長いですが、そういった観点で陰ながら応援し、本物になればそれからファンになるのでしょう。

その前に、村上選手でいえば、来週あたり開催される世界ジュニア選手権優勝、今年末の全日本で現3強を破っての表彰台が、試金石になります。

>正直この先どのように女子フィギュアと関わって行けばいいのか、誰を応援したらいいのか、そもそももうあんな選手二度と出て来ないんじゃないか 

纏めますと女子フィギュアは特定のファン無しで横目で見ても良し、無視してもよし。男子やペアもありますから。

有香さんが1994年に現役引退して男子の本田選手の絶頂期を経て中野さんが2002年に(ローカルですが)表舞台に出てくるまで8年ありましたから。中野さんは不世出ですが、世界のトップで争えて人間的な魅力のある選手はきっとでてきますよ。長い目で見てください。

候補は、中野さんがそうであったように、ジュニアで卓越した(世界シニアトップに並ぶ)ジャンプ能力があること。

Owner Comment SINSEI Website  2010/03/07@21:59:46

TO.さん、コメントありがとうございました!

レスが遅れてしまってスイマセン。自分の中でしっかりとけじめをつけた上でレスを打ちたかったもので。この記事を書き終えたことでようやく自分の中でのけじめをつけることができました。

これまでの4年間はSINSEIの人生にとっての大きな「季節」の一つだったんだと思うようにしました。「時代」というほど仰々しいものではなく、季節が春夏秋冬と移り変わって行くかの如く「中野友加里」というひとつの季節が今移り変わろうとしているだなと。

この四年間の一年一年を春夏秋冬と例えてもいいかもしれません。今ようやくその一つのサイクルが終わって、また四月から新しいサイクルを迎えるのかもしれませんね。

ご本人からのメッセージを読み、2月22日という日の意味を考え、全日本からMOIまでのTV映像を何回も見返し、みなさまが想像されているような状況が、確信できました。


「2月22日」ホントになんと象徴的な日なのだろうか。五輪女子フィギュア競技が始まる前に届出を出していたなんて。このことを知った時にはホント心がかき乱される思いでした。なんというプライドの高さ、潔さ、だろうかと。

そしてその後で知ったリザーブ(補欠)解除の日。(つまり五輪への夢が完全に潰えた日)

考えてみたら女子シングルのSPが日本時間の24日朝、移動日に一日の余裕を持たせたら22日が補欠の任を解かれる日、その時を待っての引退届。

なんという責任感そしてなんという義務感、そして最後の最後まで五輪への望みを捨てなかった。中野さんらしい筋の通し方。鮮やかすぎますね!

本心から「格好良すぎ」と思っています。

ほんとそうですね。あっぱれとしか言いようがないです。

そんな彼女がフジテレビでどんな仕事をするのか分かりませんが、なんだかそんなん彼女を見ている将来とてつもないビジネスマンになりそうで、なんだかそれはそれで楽しみだったりいたします。

彼女たちが高校に上がり勉学とスケートにどう向き合っていくか、そこでどういった人間的魅力を発揮できるようになるか、気は長いですが、そういった観点で陰ながら応援し、本物になればそれからファンになるのでしょう。


スケートファンの先輩(いやむしろSINSEIにとってはTO.さんは先生みたいな存在です)としての大切なお話ありがとうございました。

そうですね。確かに今の若手の選手たち、これからもっともっといろんなことを経験していくんでしょうね。その中で挫折と成功をくり返し、競技者として磨かれ人間として成長して、そしてその中でまたSINSEIに「ビビ!」っとくるような選手に巡り逢えたらいいなぁ~と思います。

有香さんが1994年に現役引退して男子の本田選手の絶頂期を経て中野さんが2002年に(ローカルですが)表舞台に出てくるまで8年ありましたから。中野さんは不世出ですが、世界のトップで争えて人間的な魅力のある選手はきっとでてきますよ。長い目で見てください。

ひや~8年かぁ~。今から8年というとソチ五輪の次ですね。浅田真央の次の世代ってことかぁ~。その頃SINSEIはTO.さんぐらいの年齢になっているのかなぁ~。

時代は巡るかぁ~。

そうですね、それまでは男子には小塚君がいるし、ペアは川口さん(ソチまでやってくれるかな?)がいるし、まぁ浅田真央もいるし、、、(笑)

候補は、中野さんがそうであったように、ジュニアで卓越した(世界シニアトップに並ぶ)ジャンプ能力があること。

了解しました。ちょっとそんな目線で日本女子フィギュアとこれからも関わっていけたらと思います!

そして例の件いろいろとありがとうございました!

3. あんドーナツ — 2010/03/06@22:15:17

SINSEIさまこんばんは。
いや〜久々に泣いた気がします。(別に鉄の女じゃナイですが)
ジャーナルはいま見ても…泣けます。自信あります。ただ、ご本人のコメントと応援blogさんの記事で少し救われたトコありますね。
あの騒ぎの中で、渦中にいるはずなのに…少し離れた場所でジッと連盟の指示を待ってたかと思うと。胸がギュッとします。
もう…五輪のジュベに続き友加里ちゃんの元へすっ飛びガシガシっとハグしてきたいです。『そんな友加里が大好きだよ〜』って叫びながら
フィギュアスケートに限らず、こんなにも心奪われる対象が今後の私に現れるのか?かなりの疑問ですね。

Owner Comment SINSEI Website  2010/03/07@23:21:19

あんドーナツさん、コメントありがとうございまーす!(SINSEIに「さま」はいらないからね。「さん」とかでいいよ。)

レス遅くなっちゃってゴメンなさい。ようやくSINSEIも気持ちの上で一区切りつけることができました。「中野友加里」という一つの季節が今終わり、4月から新しい季節へと移り変わって行くんだと、そう思えるようになりました。

そうそう、頂いたコメント、前の記事よりこっちの記事の方に付けた方がいいと思って勝手に振り替えてしまいました。。。ゴメンなさい。

いや~久々に泣いた気がします。(別に鉄の女じゃナイですが)

あの伝わり方はホント衝撃でしたよね~。

「え?なにメダル目指すって?来季のことだよね?来季の目標ってことだよね?」みたいな。。。

「真央は出るって言ってたし、美姫ちゃんだって出ないなんて聞いてないし、、、んん?」みたいな。

あの騒ぎの中で、渦中にいるはずなのに…少し離れた場所でジッと連盟の指示を待ってたかと思うと。胸がギュッとします。

ほんとに何と言うか、この間の一連の(引退の)伝わり方は日スケ連の大失態もいいところですよ。

中野さんのコメントがホント潔かったからもうこれ以上は言いたくないけれど、なんでもっとちゃんと緘口令なり引かなかったのだろうかと。

引退する選手がいの一番にファンに直接の言葉でその報せを伝えたいと思うのが選手の心情なんだから。

凱旋帰国報道に水を差しちゃいけないと、発表の機会をじっと待っていた中野さんが、本当に何と言うかもう、可哀想だった。

なんだか考えてみたらこの4年間もスケ連に振り回された4年間だったなぁ~と。

ゴメンなさい、少しぐらい愚痴を言わせてぇ~。(もうこの辺にしておきます)


ところでジュベはワールド出るのかな?今のところ辞退の話は出ていないよね?

もうジュベもジュベでさぁ~、このままじゃプルに4回転の看板奪われちゃうぞぉ~!って、言ってあげなきゃだわ!

今はプルが4回転の看板背負って、先頭で戦っているのだから(たぶんISUと)、あんたもちゃんと後ろに続かなきゃ!

プルも「ジュベの奴ちゃんと後ろに付いて来てくれているんだろうな」と思って振り返ったら、居たのはジュベじゃなくてランビと大ちゃんだったなんて、、、。

http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/skate/1266786893/65Link
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/skate/1266786893/79Link
元ネタ↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=pHAqKUraCkQLink (8:36辺り)


フィギュアスケートに限らず、こんなにも心奪われる対象が今後の私に現れるのか?かなりの疑問ですね。

でもまたそんな人が現れることを、気長に一緒に待ちましょう!

5. みやすけ — 2010/03/07@20:17:52

sinseiさま

こちらにコメントするのは初めてですが、日頃お世話になっております。
「中野友加里という大きな季節」、私にとってもそうだと思います。かつてこんなに誰かに夢中になり、その相手の一挙一刀即に共に笑い涙したことがあったでしょうか。自分よりうんと若い女の子にこんなに影響され、憧れ、尊敬するなんて全く想像していませんでした。
衝撃のムーランルージュ、「何なんだこの女の子?こんなにキレのいい魅力的なスケーターがいたなんて!」知らなかった自分にショックを受けるくらい、一遍に魅了されました。
あれから4年、オリンピックという大きな夢に向かって突き進む姿をただ応援することしかできませんでしたが、いい時も悪い時も、いろんな瞬間を共有できました。共に過ごしたこの時間は私にとっても今後大切な糧となると思います。
sinsei様から2月22日という日の大きな意味を教えていただいた後、友加里ちゃんの責任感の強さとスケーターとしての確固たるプライドを改めて思い知らされ、胸がいっぱいになりました。それと同時に、その潔い決断があまりにも友加里ちゃんらしくて、ファンとしてはいつまでもウジウジしていてはイカンと思うようになりました。
少しずつ、笑顔で手を振ろうという思いになっています。
多分・・・もうこんなに夢中になる誰かには出会えないでしょう。でも、友加里ちゃんを応援した今までの輝いた時間はいつまでも色褪せることはありませんから、大切に大切に、心にしまっておきたいと思います。

UpOwner Comment SINSEI Website  2010/03/08@00:03:09

みやすけさん、コメントありがとうございました!Twitterではフォローありがとうございましたぁ~。

sinseiさま

(#/__)/ドテ、、、えっとSINSEIには「さま」とかはいいですからね。「SINSEIさん」と気軽に呼んでやってください。(できれば大文字でね♪)

てか最初普通に男性だと思ってました、、、って女性の方ですよね?(ちがうか?)

衝撃のムーランルージュ、「何なんだこの女の子?こんなにキレのいい魅力的なスケーターがいたなんて!」知らなかった自分にショックを受けるくらい、一遍に魅了されました。

みやすけさんと中野さんの出会いはムーランルージュの「ボレロ」からだったんですね。自分も時期的には同じくその頃なんです。

でも涙のNHK杯優勝はギリギリ見れていないんです。(涙) 最初に観たのはたまたま偶然に観たGPFからでした。(その時ファイナルの意味すら分かっていなかったです)

その時の中野嬢のインタビューでの姿勢に感銘を受けてファンになってしまい、それからのフィギュアスケートファンなんです。

その時のブログ記事です。(「トリノ」のことを「トレノ」とか言っているニワカものです、、``r(^^;)

http://sinsei.coolblog.jp/nnnoblog/index.php?UID=1134832124Link

いい時も悪い時も、いろんな瞬間を共有できました。共に過ごしたこの時間は私にとっても今後大切な糧となると思います。

本当にそうですね、全く同感です。

そしてまたネットやブログを通じてホント多くの方と知り合うことができました。これも本当に何と言うか、素晴らしい経験でした。

友加里ちゃんの責任感の強さとスケーターとしての確固たるプライドを改めて思い知らされ、胸がいっぱいになりました。それと同時に、その潔い決断があまりにも友加里ちゃんらしくて、

本当に本当に「中野友加里」という人はなんとう人なんだ!と思いました。

最後の最後まで諦めないくせに、なんというか未練がましくない。むしろ潔くて清々しいですね。

「去り際にこそその人の本性がみえる」ってよく言うじゃないですか、中野友加里の去り際はいろいろな意味でホント立派だったし、彼女なりの筋を通してきっぱりと去って行きましたね。

でも、友加里ちゃんを応援した今までの輝いた時間はいつまでも色褪せることはありませんから、大切に大切に、心にしまっておきたいと思います。

同じくです。

そして今後、自分の人生の中で、辛かったり悲しかったりしたことがあった時に、

「でも、それでも、あの時中野友加里はあきらめなかったよ」

そう自分に言い聞かせるようにしたいです。

また良かったら遊びにいらしてくださいネ。

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2010.3
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
Created in 0.0381 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger