ppBlog — the powerful personal-publishing tool

バンク五輪 フィギュアペア 川スミ 総合4位

川スミ、4回転回避、表彰台ならず。


五輪公式サイト:ペアFS結果 Link


ISU:バンクーバー五輪結果サイトLink


SINSEIは金メダル狙うなら必ずスロー4回転跳ぶはず!って思っていただけに、最初この結果を受け入れるのに時間がかかりましたが、


初出場のオリンピックで金メダルが取れるほど五輪の神様はそれほど甘くない、そのことはタマラコーチの方がずっとよく知っていたのでしょうね。


無理して跳ばして転倒でもされて、今の肩をより一層悪くさせて、選手生命まで危ぶまれる、、、そんなところまで考えたかどうかは分かりませんが、


彼女は年齢的にもまだまだソチまで狙える選手、もっともっと大事に育てたい。そんな思いももしかしたらあったのかもしれません。


今回優勝したシェン・ツァオ組にしたって2度目の五輪で表彰台、4度目の五輪で金メダル。


バン・トン組にしたって、3度目の五輪で初の表彰台、前回のトリノでは0.24ポイント差で涙を飲んだわけですから、


しかもどちらのペアも30オーバーですから、川口さんもまだまだソチまで狙えるはず!


フィギュアスケートのペア競技はとても息の長い競技です。怜奈さんにしたって引退はつい先日でしょ?


川口さん、まだまだソチまで行けますよ!


ざっと2ちゃんねる見ていたのですが、幸いにして地元ロシアでも今回の結果は温かく受け入れられているみたいですね。


世界選手権は出るのかな?川口さん今回はホントお疲れ様、まだまだ応援するよ~。


スミもよく支えてくれてありがとう!まだまだこれからも川口さんを支え続けてあげてね。


でわでわ、おやすみなさーい!


時事ドットコム:最後まで戦った川口=王国の伝統、懸命に背負う〔五輪・フィギュア〕Link
パスポートを変えてまで立とうとした五輪の舞台で、川口は最後まで戦った。小差のSP3位で迎えたフリー。ワルツを氷上に広げた。1964年インスブルック五輪から続いたロシアペアの連覇は12で止まり、メダルにも届かなかったが、懸命にペア王国の伝統を守ろうとした。


【フィギュア】川口ペアがいたわりの抱擁 (1) - バンクーバー冬季五輪 - MSN産経ニュースLink


ttp://tver.kp.ru/online/news/618788/
(ロシアのニュースサイト しかも重い。アクセスしない方が良いと思います)

大体の訳(2ちゃんねるより)

「メダル取れなかったのは残念だけど、中国ドイツペアは10年一緒に滑っている。
でも川スミはたった3年半!それでもう世界のトップにいる。
Tver regionの若きスターだよ!」






     


— posted by SINSEI at 05:39 am   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [2件]

Up1. TO. — 2010/02/21@12:16:13

SINSEIさん、少し長いコメントです。
川口&スミルノフ組のメダル逃しは、正直インパクトがでかくて、立ち直れませんでした。ミス連発は6分練習後の演技直前でのタマラコーチからの一方的指示のため。

日本テレビの生中継録画で見ると、まずタマラが川口の両手を握って指示。それから2人で氷上に戻り、スミルノフに意向を確かめるような会話があり、川口がタマラのもとに戻って翻意を促す、スミルノフが戻ってタマラから一言かけられ握手して川口に「もういいよ」。川口とスミルノフは別方向に移動。会場のコールがあってから再度川口タマラのもとへ。タマラ声を張り上げて説得。川口諦めてスミルノフの元へ戻り、作り笑いを浮かべてスタート地点へ。このあとミス連発のフリー。

直前の激しい喧嘩を目の当りにして、国籍まで取得して望んだ最初で最後の「五輪で4回転」という目標が崩れて、川口とタマラは今後やっていけるのか。直後の報道では「先のことはわからない」ということで、川口悠子はどうなってしまうのかと、大変落胆しておりました。

が、18日朝のNHK「お早う日本」の7時5分頃から約6分間(これって本当に凄いと思う、NHKさん G J !)の川口&スミルノフ&タマラの独占インタビューを見て、そんな想いも払拭されました。

スミルノフ:今回の五輪は将来を開いてくれた(国技ペアでロシアNO1を、3年半で、自他共に揺るぎないものにしたことを指すのだろう)。

タマラ:4回転は大変難しく怪我をする、その為だけにやってきたのではない。悠子はスケートでは私の娘。悠子と両親には感謝。サーシャとここまで来るのには大変な困難があった(最大は2人のコーチが異なりサーシャと組むためにタマラのもとを離れざるを得なかった時などが推定される)が、悠子は大変強い娘で、全て克服した。(この間、川口悠子のアップの目から涙が途切れませんでした)

川口:タマラは私がペアをやりたいというだけで、何でも我侭を聞いてくれた。サーシャは4年間、私の我侭を聞いてくれた。最高のペアとコーチのもとでスケートが出来て幸です。ソチまでやるかどうかはわからないけど、やりきったと思えるときまでは、続けたい。

SINSEIさんご指摘の通り、ペアは息が長いことを忘れていました(笑)
シェン・ツァオ(31/36)、パン・トン(30/30)、サフ・ソル(26/30)、カワ・スミ(28/25)、ジャンx2(24/25)、デューブ・デイビッド(22/24)、ムラ・トラ(24/26)

こうやって眺めてみても、年齢は特に男性の方の体力に影響が出るものですから、十分に戦えますね。PCSもトップに並び、不得意だった(今でも不得意と思うが)ツイストリフトも高得点が貰えるようになったので、更なる飛躍が期待でき、末永く見守って行きたいと思います。まずはワールドですね。

Owner Comment SINSEI Website  2010/02/21@15:56:34

TO.さん、こちにもありがとうございます!

日本テレビの生中継録画で見ると、まずタマラが川口の両手を握って指示。それから2人で氷上に戻り、スミルノフに意向を確かめるような会話があり、川口がタマラのもとに戻って翻意を促す、スミルノフが戻ってタマラから一言かけられ握手して川口に「もういいよ」。川口とスミルノフは別方向に移動。会場のコールがあってから再度川口タマラのもとへ。タマラ声を張り上げて説得。川口諦めてスミルノフの元へ戻り、作り笑いを浮かべてスタート地点へ。

ここSINSEIも観てました。

タマラの表情から何か深刻な指示が出ているんだろうか?とも思いましたが、いやいやただ檄をとばしているだけだと自分で納得。まさかスロー四回転の回避とは思っていなかっただけにビックリしました。

前日SPは神演技、その後のインタでも明言は避けましたが川口さんは4回転やる気満々の意思表示。

SINSEIもメダル、特に金メダル取りに行くなら「絶対にスロー四回転跳ぶはず!」そう確信していただけに最初「ええ!?」って思いました。

その後のミスの連続にSINSEIですらしばらくは結果を受け入れられませんでした。ホント正直タマラコーチを恨みました。

川口&スミルノフ組のメダル逃しは、正直インパクトがでかくて、立ち直れませんでした。

SINSEIよりも思い入れの強いTO.さんのことですから、よほどの衝撃だったろうと思います。

直前の激しい喧嘩を目の当りにして、国籍まで取得して望んだ最初で最後の「五輪で4回転」という目標が崩れて、川口とタマラは今後やっていけるのか。

SINSEIはリアルタイムで放送観た後仕事に行ったのですが、仕事中ずっとタマラのこと恨んでました。

SINSEIもいつの間にか「最初で最後の五輪」となんとなく思ってて、「タマラに川口さんの“五輪でスロー四回転を跳ぶ”という夢をこわす権利がどこにあるんだ!」つーくらいの勢いでした。

SINSEIが少し落ち着いたのは、帰ってきて2チャンネルの川スミスレをざっと読んだ時に、ロシアの人たちはこの結果を温かく受け入れてくれることを知った時でした。

ロシアの人たちが川口さんのことを悪く言わないのに、我々日本人がタマラのことを悪く言うのはなんだか礼儀に反するような気分でした。

それからちょっとタマラの立場で考えてみようと思いました。

が、18日朝のNHK「お早う日本」の7時5分頃から約6分間(これって本当に凄いと思う、NHKさん G J !)の川口&スミルノフ&タマラの独占インタビューを見て、そんな想いも払拭されました。

うぉ!SINSEIこれ観ていない!白クマのインタで載っていた「なきべそ悠子」という奴ですね!

これか!↓↓↓
川口悠子。国籍を変えてまで挑んだバンクーバー五輪。こぼれ落ちたメダル
http://www.youtube.com/watch?v=-WSvYZBYBNALink

うぅぉお!これはNHK GJ!ですね!これはさすがです!よくぞやってくれました!

4回転は大変難しく怪我をする、その為だけにやってきたのではない。

タマラのコーチとしてもっと大局的に物事を見る目と、もっと大事にさらに長くこのペアを育てようという思いが伝わってきますね。

あえて辛口に言えば、今回のミスは上手く気持ちの切り替えのできなかった川口さんのトップ選手としての未熟さということなのかもしれませんし、それも今後の課題になるかもしれませんね。

コーチとして長い目で見据えるタマラと、一瞬一瞬に全力を賭けようとする川口さん、なかなか面白い師弟関係ですね!

SINSEIさんご指摘の通り、ペアは息が長いことを忘れていました(笑)

``r(^^;)

SINSEIも「あれ?シェン・ツァオ組って五輪初優勝なんだ?バン・トン組って五輪初表彰台なんだ?」ってビックリして、慌てて年齢とか過去の戦歴とか調べてみて、「ああそういえば怜奈さんだって引退は先日の全米後だもんな!」って思って、

川スミもまだまだやれるじゃん!

そう思ったら元気が出てきました``r(^^;)

更なる飛躍が期待でき、末永く見守って行きたいと思います。

そうですね!長く大事に見守って行きたいです。

まずはワールドですね。

了解です!(。・x・)ゞ

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2010.2
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
 
Created in 0.0204 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger