ppBlog — the powerful personal-publishing tool

解決編その2「誰の何という曲か教えてください!」

続いて肝心の1曲目です。こちらは動画をあげた先のYouTube上において、当該動画のコメント欄にてTrueMcStylesP さんからご回答をいただきました!ありがとうございました!


なんとこちらも原田知世さんでした。実は秘かに「中谷美紀(with 坂本龍一)かな?」とも思っていただけにちょっとビックリしました、、、``r(^^;) 曲名は「T'en va pas」ということです。


教えていただいた方からのコメントにもあるとおりこの曲は元々はフランスのエルザ(Elsa)という方の曲で(1986年)、ネットでちょっと調べてみましたら原題が「T'en va pas」、日本でリリースされるときに「哀しみのアダージョ」という邦題が付けられ副題として「彼と彼氏のソネット」が加え付けられた。


1987年7月に原田知世さんが日本語バージョンでシングルリリース(アルバムは「Schmatz (シュマッツ)」に収録)、その際にそれまでの副題の「彼と彼氏のソネット」が題名として使用された。(ちなみに日本語訳詞は大貫妙子)


で、で、でだ、ここからが本題。正解音源を探そうとYouTubeで「彼と彼氏のソネット」で検索をかけたのだけれど、日本語バージョンなのはしょうがないにしても、どうもSINSEIの持っている音源とアレンジが違う。SINSEIのはフランス語バージョンだからかな?


で、いろいろとネットで調べてみると、この原田知世が歌う「彼と彼女のソネット」には日本語・フランス語やアレンジの違いなどから全部で6種類のバージョンが存在するらしい。


下記サイト様の情報によりますと
T'EN VA PASLink


まずは後藤次利による日本語バージョンのアレンジで最初に発表された。
次にこれを基にしたリミックス・バージョン(ロンドンMIX)(日本語)


そして鈴木慶一によるフランス語バージョンと日本語バージョン


さらに同じく鈴木慶一による幻想前衛バージョン(日本語かフランス語かの記載は無し)


そして最後になんと!トーレ・ヨハンソンが手がけたTambourine Mix Version


以上の6種類。。。。う~SINSEIの持っている音源は誰のバージョン?すごく気になってきた。できれば後藤次利や鈴木慶一以外であって欲しい(つまりトーレ・ヨハンソン)。なぜならSINSEIはこの後藤次利と鈴木慶一があんまり好きじゃないんだよなぁ~(ファンの方いたらスイマセン)


SINSEIの持っている音源はフランス語バージョンだから必然的に鈴木慶一かトーレ・ヨハンソンということになる。


それじゃーってことで「アマゾンで視聴ができるかな?」ということでアマゾンに行ってみた。


トーレ・ヨハンソンが手がけた「Tambourine Mix Version」はアルバム「Flowers」というベスト盤に、この曲だけニューリミックスバージョンで収録されている。まずこれから検索をかけてみよう。。。。。。あった!視聴もできる!


item

FlowersLink

  • アーティスト: 原田知世
  • メーカー・販売: フォーライフ ミュージックエンタテイメント
  • アマゾン価格: ¥ 2,365
  • 売り上げランキング: 83,538位
  • リリース: 1997-09-18
  • ジャンル・カテゴリー: CD




そうだ!まさしくこのイントロ、どんピシャだ!やっぱりSINSEIの持っていた音源はトーレ・ヨハンセンの「Tambourine Mix Version」だった!


あ~よかった、すっきりしたぁ~。


こちらが正解音源になります。↓↓↓
T'en va pasLink


ちなみに日本語バージョン(後藤次利バージョンかな?)
23 彼と彼女のソネット 1987年 原田知世Link


それにしてもこのMDを録音してくれた友人(今では音信不通)には本当に感謝したい気分だ。当時(10年くらい前かな?) 何気なく「J-POP物でなんか気軽に聴けるの無い?」なんて気安く頼んで、ほとんど誰のなんていう曲かも考えずに、流しっぱなしのながらでダラダラと聴いていたMDだ。今から聞き返したら「モーニング娘。」なんかも入っている。


でもその人は確かSINSEIが原田知世の「clover」を持っていたのを知っていたはずだ。その人がそれを知っていてわざわざとこの2曲、トーレ・ヨハンソンが手がけた原田知世の「ロマンス」と「T'en va pas(Tambourine Mix Version)」をもし入れてくれていたとしたならば、、、なんだか切なくなってきた。。。


それにしても今回のことでSINSEIはネットの力を再認識させられた。


最後に全然関係ないけれど、エヴァンゲリオンの惣流・アスカ・ラングレーの声優宮村優子さん(ちなみにSINSEIはアスカ派)もこの曲をカバー(日本語バージョン)していて、ようつべに上がっている動画に宮崎あおいさんが出ていたので貼っておきます。


彼と彼女のソネット 宮村優子Link



>

— posted by SINSEI at 02:23 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2009.2
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
 
Created in 0.9532 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger