ppBlog — the powerful personal-publishing tool

最近感動したスピーチ -村上春樹-

ネットで探したけれど全文(和訳)載せているところはないね?


唯一ようつべの下記動画の「(詳細) 」欄に全文(和訳)らしき和訳が載っている。
↓↓↓
MURAKAMI Haruki 村上春樹エルサレム賞受賞ニュースLink


どちらか片方を一方的に非難するのではなく、弱者と強者、個人と組織、市民と国家、システムとしての戦争そのものを非難しているよう思えますね。


村上春樹という人がどんな人か実はSINSEIは良く知らない。昔「ノルウェーの森」が大流行した時にはさすがに友人から借りて読んだけれど、意味不明だった。大森一樹監督の「風の歌を聴け」はたまたまテレビでやっていたのを見たけれど(土曜の昼間)訳分んなくて途中で観るのをやめた。。。


どちらも大昔の話だ。


だから村上春樹という人がどんな人かは良く知らないけれど、エルサレムまで乗り込んでこのスピーチを放ってくる勇気はすごいと思う。




>


— posted by SINSEI at 01:18 pm   commentComment [6]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [6件]

Up1. sho — 2009/02/22@14:44:15

SINSEIさんこと管理人様
初めて書き込みさせていただきます、いままで楽しく拝読させていただいておりました。

このたび村上春樹さんのお話と言うことでついつい出てきてしまいました。

私もこの方のお書きになる物語は今ひとつ焦点がつかめないです・・・
でも私は何故か訳が分からないまま5冊位読んでしまいました。でも「ノルウェーの森」は何故か読んでいないのです。何故訳も分からずに読んでしまったかというと、不思議と引き込まれる文章だったんです。そのため、文章力は高い方だと勝手に評価しています(^^;

そして「風の歌を聴け」は2回読んでやっと少し意味が分かったという感じでした。このテレビ版があったということにものすごく驚いています。

私はこのエルサレムでのスピーチについては初耳でしたが、おそらく素晴らしいものだったのではと期待してしまいます。

つまらない話を長々とすみませんでした。
今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

Owner Comment SINSEI Website  2009/02/22@23:06:47

shoさん、はじめまして!コメントありがとうございます!

初めて書き込みさせていただきます、いままで楽しく拝読させていただいておりました。

そういったコメントはほんと嬉しいですね!ブログを続けてて良かったなぁ~ってしみじみ思います。

何故訳も分からずに読んでしまったかというと、不思議と引き込まれる文章だったんです。そのため、文章力は高い方だと勝手に評価しています(^^;

なるほど。。。SINSEIはそれこそ「「ノルウェーの森」しか読んでいないので、全然村上春樹を語れるものではないのですが、ただ実はSINSEIの周りには不思議と「村上春樹ファン」という人たちが結構いました。

学生時代から中退した後もしばらく続けていたバイト先では2人ほどいて(いずれも読書家)、一人はギターもやっていたのでそのずっと後に一緒にバンドも組んだりしていました。(「ノルウェーの森」を貸してくれたのも確かこのどちらか)

それに今のSINSEIのカミさんの妹さん(つまり義妹さん)は結構な読書家で村上春樹を数多く読んでます。

だからなんというか、SINSEI自体はあんまり読んでいないし、正直どんな人かは存じ上げないんですけれど、ただ何となく「あ~彼ら(彼女ら)が好きだったあの作家さんかぁ~」というまぁなんというか「好印象」的なものはもとからあったかもしれません。

これを機会に真面目に読んでみようかな?などとも思っております。(初心者向けのお薦めは何かございますか?)

そして「風の歌を聴け」は2回読んでやっと少し意味が分かったという感じでした。このテレビ版があったということにものすごく驚いています。

誤解を与えるような書き方でごめんなさい。「風の歌を聴け」はテレビ版ではなくて映画なんです。その映画をテレビで放映した時にたまたま観てたんです。確か真行寺君枝なんかが出てました。(当時若干ファンでした、、、``r(^^;)

風の歌を聴け Kaze no uta o kike Trailer
http://www.youtube.com/watch?v=k__f6iqmRSsLink

私はこのエルサレムでのスピーチについては初耳でしたが、おそらく素晴らしいものだったのではと期待してしまいます。

少々長いですが(テレビで報道されたのはほんの一部)是非全文訳を読んでみてください。

びじうのログ:びじうのログ:村上春樹 受賞スピーチの翻訳
http://blog.livedoor.jp/bijoux_iris/archives/51179283.htmlLink

実はSINSEIが世界情勢的なものに興味を持ち始めたきっかけというのが、1982年の「パレスチナ難民大虐殺事件」、SINSEIが高校2年生の頃でした。

レバノンのキリスト教右派民兵によるパレスチナ難民の虐殺は3日間で1000名とも3000名とも言われております。この時に裏で指揮を執っていたのがイスラエルの当時の国防相アリエル・シャロン(後に首相、現在は引退)

パレスチナ難民虐殺事件 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/word/archive/news/2006/01/20060112ddm007030112000c.htmlLink

あ、すいません、ちょっと長くなっちゃいますけれど、、、いいですか?

それ以来この地の紛争については結構ずっと気にかけておりました。

だから最初に報道で(今回の授賞式のもうちょっと前)「村上春樹がエルサレム賞を受賞」と知った時には村上春樹がそのような賞をとることよりも、そもそもイスラエルにそんな賞(「社会における個人の自由」に貢献した文学者に贈られる賞)があったことに驚きでした。

そして授賞式に向けて、その村上春樹への様々な圧力(不買運動など)のある中、まさにその国の体制を批判するようなスピーチをやってのけた村上春樹の勇気に感銘いたしました。

このスピーチの中でSINSEIが一番好きな言葉は、

「もし、硬くて高い壁と、そこに叩きつけられている卵があったなら、私は常に卵の側に立つ。」

ほんとうに涙が出そうになりました。彼は更にこう続けます。

「そう、いかに壁が正しく卵が間違っていたとしても、私は卵の側に立ちます。」

そして次の一文でこの人は真の芸術かだと悟りました。

「しかし、いかなる理由であれ、壁の側に立つような作家の作品にどのような価値があるのでしょうか。」

素晴らしいですね。そして最後に彼はこう結びます。

「僕たちが意義のある何かを共有できていれば嬉しいです。あなたたちこそ、僕がここへ来た最大の理由です。」

イスラエルというそんな国にも「個人の自由」を讃える「エルサレム賞」という賞がある。国家やシステムがどんなに強大で強固であろうとも、それを構成するその中の一人一人は小さくてか弱い個人であると。壊れやすい卵は壁の内側にも外側にもあるんだと。

このイスラエルという国の中にもこんな「エルサレム賞」という個人の自由をたたえる賞がある、そこに希望を見出したい、、、ということなんでしょうね。

スイマセン、長々と。これに懲りずにまた遊びに来て下さいね。ちなみにフィギュアスケートはどなたのファンですか?またがんばってフィギュアスケートネタもアップしますので、また気になる記事がありましたら。どうぞお気軽にコメント付けてくださいね。

でわでわ。

3. sho — 2009/02/24@19:04:01

SINSEIさん、こんにちは。
丁寧なコメント本当にありがとうございました。

イスラエルとパレスチナの関係については、私が世界情勢を意識し始めた頃にはすでに今のような硬直状態に陥っていたと記憶しています。その後、休戦して少し平和になったかと思うと、またいきなり今回のような悲劇が起きてしまったりと・・・遠いお国ながら悲しい気持ちになります。

ご紹介してくださったサイトにて村上春樹さんのスピーチを拝読いたしました。素晴らしいと思いました、思わず涙腺がゆるんでしまいました。SINSEIさん同様「卵」を使ったあたりの表現に圧倒されました。

話は変わりますが、私は「風の歌を聴け(上・下)」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」と後もう一冊何かを読んだだけでして・・・お勧めできるほどの通ではないです、すみません(^^;

また、フィギュアスケートでは特定の方のファンというわけではなく何となく全体的に好きなんです(但しほとんど知識のないど素人です(^^;)。とくに女子シングルが一番好きで、ついで男子シングルが好きです。
SINSEIさんは中野ゆかりさんの大ファンなんですよね。私も好きなスケーターのお一人です。中野ゆかりさんには何故か大和撫子みたいなものを感じてしまうんです。堪え忍びながら土台をしっかり築いてきたみたいな・・・だから、いつも後少しという結果になってしまったとき歯がゆく、切ない気持ちになってしまうんです。

Owner Comment SINSEI Website  2009/02/26@04:53:53

shoさん、こんばんわ!お返事遅れてスイマセン。。。中野さんがユニバで逆転優勝を決めたもので独りでお祭り状態でした。ゴメンさない。

イスラエルとパレスチナの関係については、私が世界情勢を意識し始めた頃にはすでに今のような硬直状態に陥っていたと記憶しています。

そもそもこの地は2000年の昔から、それこそ聖書の時代からいがみ合ってますからね~。人類の叡智なんて大河の歴史の流れの前には何の意味もなさないちっぽけなものだということが良く解ります。今だに何も解決していないんですからね。

高校生の時にこの地の紛争を知った時には衝撃でした、「世界の見知らぬ土地で戦争ってまだ行われているんだ」平和ボケ日本で生まれ育った高校生のSINSEIにとってはものすごい衝撃でしたね。

イスラエルってなんだよ?ユダヤってなんだよ?アンネ・フランクってユダヤだろ?ヒトラーに虐殺されたのってユダヤだろ?キリスト教右派って何だよ?右の頬打たれたら左の頬を差し出すんじゃないのかよ?ってね。

この時子供心に「ああ、正義ってないんだ」って痛感いたしました。(汗)

また、フィギュアスケートでは特定の方のファンというわけではなく何となく全体的に好きなんです

(#/__)/ドテ、、、``r(^^;) 失礼しました、そうだったんですか~。

では今日から中野ファンってことで(*^^)v いいですか?(笑)

中野ゆかりさんには何故か大和撫子みたいなものを感じてしまうんです。

わお!shoさん、良く解っていらっしゃる!十分に中野ファンの素質アリアリですよ。

今季はもう中野さんの試合は終わっちゃいましたけれど、来季はオリンピックシーズンなので、下記動画で予習をしておいて下さいね(^_-)-☆

Yukari Nakano "Yamato Nadeshiko"
http://www.youtube.com/watch?v=NsmSrQGusewLink

figure yukari nakano 0003
http://www.youtube.com/watch?v=0tvCNq8wqdQLink

5. sho — 2009/02/26@15:41:36

SINSEIさん、こんにちは(^^)

それでは今日から私も中野ゆかりさんを第一に応援させていただきます(^o^)/
SINSEIさんのゆかりんファンクラブ会員にしてください;-)

UpOwner Comment SINSEI Website  2009/02/27@03:51:35

shoさ、、コメントありがとうございます!

それでは今日から私も中野ゆかりさんを第一に応援させていただきます(^o^)/

イエーイ (^_^)v それではご一緒に、、、

フレー!ヾ(゚ー゚ゞ) フレー!( 尸ー゚)尸
(^○^)ゆ!(^◇^)か!(^▽^)り!(^・^)ん!!

でわでわ~!

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2009.2
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
 
Created in 0.0351 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger