ppBlog — the powerful personal-publishing tool

オバマ米国新大統領に期待したいこと

久しぶりの時事ネタです。


本当は就任式の直後にエントリーしたい記事だったんだけれど、今週はちょっと忙しくニュースもまともに観れずにいたので、今になってしまった。。。``r(^^;)


で、この手の話題はあんまり本気で論ずるとちょっと怖いので、さらっと書いておきます。


で、とにかく問題山積の中これからいろいろと大変でしょうけれど、


例えば米国から端を発した世界的な金融不安、日本なんかでもそのあおりで、多くの方々が路頭に迷い、大変なことになっちゃったんだけれど、でもまぁそのことに関してはすでに国内問題なので、米国政府様にどうこうしてもらう筋合いのものでもないから日本の政治にがんばってもらうしかないんだろうけれど、(もちろん金融の安定化には有効な対策を取って欲しいけれど)


SINSEIが一番危惧するのはイスラエルとの関係。。。


以下、長文のかなり熱い文章を、長時間かけて書いたのに、誤って途中で消してしまった、、、、最悪!


もう書く気が起きないので、結論だけ、、、orz


で、彼の就任演説の全文訳をネットで読んだけれど、彼がどんなにテロとの戦いを訴え、国際協調と平和を謳い、イスラム世界との新たなる関係を模索しようとも、イスラエルと米国との関係が今のままではすべてが絵空事にしか聞こえない。


国連総会で「停戦決議案」の取りまとめに動いたライス米国務長官、ホワイトハウスからの電話一本で棄権せざるを得なかったその彼女を、オバマは同じ黒人としてどう見ただろうか?


オバマ米新大統領就任式前日までに突如として撤退を完了させたイスラエル軍。それはまるで嘲笑っているようであり、恫喝しているようでもあり、「誰のおかげで大統領になれたか、忘れるなよ」と言っているようでもあります。


参考にせていただいたサイト
オバマ大統領の就任演説 全文翻訳Link
パレスチナ難民収容都市「ガザ」Link
イスラエルのガザ攻撃:事の真偽  JBpress(日本ビジネスプレス)Link
勝者なき闘い・ガザの終りとオバマの始まりLink


以下ニュースサイト(時系列)
ガザ侵攻:国連安保理が即時停戦決議を採択 米国は棄権Link
イスラエル、国連の停戦決議を拒否 ガザ攻撃続行の方針Link
ガザ紛争で国連総会が停戦決議、米国は依然反対Link

— posted by SINSEI at 05:51 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2009.1
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
Created in 0.0224 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger