ppBlog — the powerful personal-publishing tool

1999年2月1日-浅田次郎 見知らぬ妻へ

最近、浅田次郎にはまっている。
『見知らぬ妻へ』(短編集)を読んだ。
『鉄道員(ポッポヤ)』程ではなかったが、
「迷惑な死体」「金の鎖」「見知らぬ妻へ」あたりは
ホントちょっと辛くてなかなか良い感じ。

ロクデナシや不器用者が、さえない人生の中で
ほんの一瞬みせる束の間の輝き、かすかなマッチの炎のような輝き。
『マッチ売りの少女』の最後の幻想

Link

見知らぬ妻へLink

  • 情報取得失敗



— posted by SINSEI at 10:44 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
1999.2
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
 
Created in 0.6972 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger