ppBlog — the powerful personal-publishing tool

今さらだけれど、ブライアン・ジュベール フレンチ・マスターズ 優勝!!

ニワカ ブライアン・ジュベール ファンがこんな記事書いて良いものかどうか迷ったんだけれど、いっこ前のエントリー記事がなんだかネガティブモードだったから、気を取り直して、、、``r(^^;)

まぁそうは言っても今季のフィギュアスケートに全くワクワクしていないわけでもない。(いったいどっちなんだよ>自分)

例えばこの夏、韓国で行われたヨナショーのジェレミー・アボット

[All That Skate Summer] 20100723 Jeremy Abbott - Viejos Aire.flv
(アップ主様ありがとうございます、動画お借りします)

そして先日のジャパンオープンでのカワスミ(川口悠子&アレキサンドル・スミルノフ)

川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ ツァラトゥストラはかく語りき
(アップ主様ありがとうございます、動画お借りします)

こんな演技見せられたらワクワクするなって方が無理なのである!

そしてもちろん、今季から佐藤有香さんに師事している麗しのシズニーのまだ見ぬプログラムもどうなっているのか、、、気になるところ。

そんな中ようやくベールを脱いだブライアン・ジュベールの今季SPマラゲーニャ(通称ジュベゲーニャと言うらしい ナハロ振付 )とFSベートーベン第九(通称ジュベ大工 ウィルソン振付)

先日のフレンチ・マスターズで初お披露目だったんだけれど、これは良い!

まぁ優勝はある程度は想定の範囲内だとしてもこのプログラム内容(エレメンツというよりも振付そのもの)には驚いた!

そもそもSINSEIがブライアン・ジュベールを初めて見たのは2007年の東京ワールドの時だったんだけれど、その頃すでに「4回転サイボーグ」的なことって言われていて優勝もしたと思うんだけれど、正直言ってあんまり印象が無かった。

その翌年2008年イエテボリのワールドではジェフリー・バトルとの「4回転論争」が話題になって「へぇ~ジュベールってそういう人なんだ」というのがSINSEIにとっては最初の悪い印象ということになるんだけれど、正直言うとその程度だった。(ファンの方ほんとゴメンなさい)

そしてSINSEIの印象を決定的に悪くしたのが忘れもしない2009年のLA.でのワールド。ブライアン・ジュベールのフリーの演技とキスクラでの態度。。。

この時SINSEIはブライアン・ジュベールに対して「この人には決定的に何かが欠けている」と思ったんだけれど、

で、実は当時そのことについてブログで書こうかと思ったんだけれど、「いったい何が欠けているのか」そのことが分からなくて、言葉にできなくて、

でも「もしかしたらこの人オリンピック(バンクーバー)で台乗れないんじゃないか?」ってその「何か」が欠けている為に、って直感的に思った。(案の定、乗れなかった)

でもずーっとSINSEIなりにその「何か」を探し続けていて、いち時期それは4回転にこだわる余りの「心の余裕の無さ」と勘違いしてしまっていたこともあったんだけれど、実はそうでは無かった。。。

あ!一応SINSEIは4回転至上主義者では無いです。

ただし、そうは言っても出来れば男子選手には4回転跳んで欲しいし、4回転ジャンパーに対する敬意も忘れてはならないと思っています。

ただ4回転ジャンパーをも凌駕する気迫でもって、ノーミスでジャッジや観客に強く訴えかける演技をした人がいたら、その人は優勝に値すると思うんです。

例えばそれが、その「強く訴えかける何か」がバトルやライサチェックにはあった。

そしてバンクーバーで4回転に挑みながらも転倒して、それでもなお表彰台に上がった高橋大輔、長くて辛い治療を経て復帰してきて、そのオリンピックのシーズンにかけた高橋大輔、そう彼にもその「何か」があった。

そしてジュベールはその高橋大輔の復帰をオリンピックとその後の世界選手権で目の当たりにした。

たとえ4回転失敗してもそれをリカバリーするだけの気迫に満ちたスケーティングや演技力があれば(例えば高橋大輔の様に)自分だって勝てる!

(もちろんその上で4回転に成功すればなおのこと!)

そのことにジュベール自身が気付いたんじゃないのかなぁ~。もう一度自分が世界王者に輝くにはその高橋大輔に勝たなければならない、ということと共に。

4回転に対するこだわりや意地とフィギュアスケーターとしての成長、いやむしろ「人としての成長」と言っても良いかもしれない。それはつまり変化することだ!

今確か26歳のジュベール。もう立派にベテランの域だ。恐らく彼ぐらいの選手になると引き際のタイミングもそろそろ考えているはず。(ネットで見たら2012年までは継続宣言しているみたいです)

ワールドの優勝も3年前の東京以来取っていないし、先の五輪では無様な敗退だったから、引退前にもう一回ワールドのタイトルを取りたいという思いは絶対彼ならばあるはず。

そして今季彼はあえて振付師に、以前の彼のライバルたち(ステファン・ランビエールやジェフリー・バトル)の振付師であったアントニオ・ナハーロとデビット・ウィルソンを振付師に選んだ。

彼ぐらいの選手でもうすでに自分のスタイルを確立した選手が変化を受け入れ、この歳からまた新しい事に挑戦するって、それはやっぱすごいことだとSINSEIは思います。

以上 SPマラゲーニャ編Link に続きます。

【参考にさせていただいたサイト】
ブライアン・ジュベール: 「選手も進化しなければならないが、採点方式も改善されなければ」|真央とイングリッシュと私Link

驚きのブライアン・ジュベール (icenetworkの記事より)|ツイズルのセカンドハウスLink

スケートに対する情熱は戻った。ジュベール選手|やっちのブログ 『just like an Amaranth』Link

MASTER'S de PATINAGE 2010Link







       

— posted by SINSEI at 11:09 pm   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [2件]

Up1. TO. — 2010/10/19@23:09:59

SINSEIさん、お久しぶりです。たまに休みは1日とか取れるのですが、今度はトラブルの対応で、忙しくしております。

さて、JO夜のCOIのカワスミの動画ありがとうございます。今期のプロも良いよねー。二年連続ワールド3位の立役者【白鳥】の後だから・・・と思っていたけど、さすがタマラコーチ、引き出しが多くて。しびれますよ。

って、行ったんですよ。直前に3千円のビギナーズチケット買って(このチケット私が買って良いのか?というのは置いといて)、当日の昼便高速バスで16時前に東京着、注文しておいた花束を少しアレンジしてもらって、小塚君とカワスミの演技を見て大満足で、荒川さんの前で会場を後にして、なじみのインド料理屋で一息ついて、夜行バスで帰社。

カワスミも小塚君(特に長いイーグル)も声援が凄かったし、益々存在感と人気がでてきていますね。

やっぱり、アイスショーにペアは必須で、世界の悠子ということで日本に呼ばれるというところに、色んな意味があるよ。体と相談しながらジャンプなど調子を上げていくのはこれからだけど、基本のユニゾンの合い方や不得手だったツイストリフトの安定感、ピンと伸びた手先・指先が醸し出す躍動感など、ペアとしての熟成や実績に基づく自信ゆえでしょう。

いただいたお礼の葉書からすると、10月8日までは船橋の実家におられたようなので、肩の経過観察など色々あったのかな。ま、葉書に書かれていたように、東京ワールドにピークが持っていければ良いかなと、あせらず応援していきたいと思います。


話は変わって、今週のサンデースポーツを見て。

スピンの練習で回転をジャンプの復活に活かす。ジャンプの助走のスピードを上げて小塚君やヨナ等のような横っ飛び強化に。何事も基本から入る佐藤コーチはやっぱり佐藤流というのが凄い。

こんなところを見ていると、中野さんを教えていた頃のことが蘇る。

今シーズン、直ぐに効果が現れると良いが、だめかもしれない。それでも真央ちゃんは本当のスケートや人生を学べるし、真っ当な成長した素敵な女性になっていけると思う。

Owner Comment SINSEI  2010/10/21@00:43:16

TO.さん、お久しぶりです!お仕事お忙しそうですね。

SINSEIの方は元気でやっておりますが、ことフィギュアスケートに関しては中野さん無き後、ちょっとフィギュアスケートとどう向き合ったら良いのか、なにかちょっと混乱している状態です。

別に嫌いになったとかではなくて、今でも好きは好きなんですけれど、例えるなら、大きな求心力でありその軸であった中野さんが居なくなって、なんだかフワフワとフラフラとふらついちゃっている感じです。。。``r(^^;)

自ら情報求めたり、動画漁ったり、いろいろ調べたりすることせづ、ただな~んとなくTwitterで流れてくるつぶやきに混じった情報をポカ~ンと眺めて知った気になっている、と言った感じです、、、(;^_^AA

って、行ったんですよ。

やっぱり!(笑)

実はカワスミ in の情報が入った時に絶対TO.さん行くだろうなぁ~と予想しておりました。(笑)

さすがタマラコーチ、引き出しが多くて。しびれますよ。

ホントですね!

なんだか今季、しっとり系のプログラムが多い中で、はて川口さん達どんなプログラムで滑ってくれるのか、とちょっとした不安感もあったのですが、

おっしゃるとおり、さすが!タマラコーチですね!ほんといろいろな引き出しを持っておりますね。

リヒャルト・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」、キューブリックの映画「2001年宇宙の旅」で使われたのが有名ですが、SINSEI的にはエルビス・プレスリーがコンサートのオープニングで使用していたことを思い出されます。

そして本当に、なんといえぬ前衛的な衣装に身を包み、そこから繰り広げられるスペースオペラ的一大叙事詩プロ!

最後のフィニッシュなんてまさにサイエンスフィクションですよね!

「これいったいどうなってるの?」なんてTwitterでもつぶやかれてましたよ。

カワスミも今季楽しみですね!

ま、葉書に書かれていたように、東京ワールドにピークが持っていければ良いかなと、あせらず応援していきたいと思います。

貼付ファイルの方、ありがとうございました!

肩の方、経過が良ければよいですね。確か、GPSはどこか一か所キャンセルしたんでしたっけ?(違いましたっけ?)

実は上記のような体たらくで、最近ほとんど積極的に自ら情報を取ったりしていないもので、Twitterなんかで流れてくる情報をただ漠然と眺めているだけで、なんとなくわかった気になっているだけで、実は誰がどこに出るとかアサインすら良く把握していないんです。。。``r(^^;)

そういう意味ではTwitterと言うのも良し悪しですね~。

小塚君(特に長いイーグル)も声援が凄かったし

コズの長いイーグル、凄かったですね~!

ただどうも今季は小塚君はSINSEI的にはな~んとなくピンとこないんですよ~。(すいません)何が?、どこが?と言われると困っちゃうんですけれど、今一グッと来るものが無いんです。(実は高橋大ちゃんも)まぁ強いて言うのなら、コズの今季のEX使用曲が嫌いなアーティストの楽曲というところかなぁ~?

まぁでも本格的にシーズンが始まればまた変わってくるかもしれません。(すいません)

スピンの練習で回転をジャンプの復活に活かす。


これもTwitterで誰かがつぶやいていたような気がするのですが、結局動画を漁るまでに至りませんでした。

今ちょっと探してみました。これですよね?

↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=uq6wiLLpM7QLink

なるほど、これは面白い!

逆に言うと、何故佐藤門下生はスピンが得意な人が多いのか、その答えがわかった気がします。

面白いなぁ~、スピンの回転軸とジャンプの回転軸かぁ~。

ジャンプの助走のスピードを上げて小塚君やヨナ等のような横っ飛び強化に。

これも凄いなぁ~と思いました。さすが目の付けどころが違うというか、そういうところに気付く、さすが佐藤コーチだなぁ~と思いました。

好き嫌いは別にして、何故あのヨナのジャンプは勢いがあってダイナミックで流れが良いのか、真央ちゃんの3Aはジャンプ自体は綺麗なのに何故点数が伸びないのか、、、

その答えと対策を佐藤コーチの元で学ばれるのですね、真央ちゃんは。

今シーズン、直ぐに効果が現れると良いが、だめかもしれない。

中野さんも佐藤コーチの元に移ってから2年目ぐらいでしたっけ?頭角を現してきたのは?

それでも真央ちゃんは本当のスケートや人生を学べるし、真っ当な成長した素敵な女性になっていけると思う。

こんなところを見ていると、中野さんを教えていた頃のことが蘇る。

そうですね!

TO.さんにそう言われると、やはり中野さんのことが思い出されるし、(ある意味似たような経路をたどった)真央ちゃんにもそういう意味でスケートを通して佐藤コーチの元で人としての成長を、我々は見守って行きたいですね!

なんかTO.さんとこうして話していたら、ちょっとテンション上がって来ました、、、(笑)

もう今週末からNHK杯が始まりますね!

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2010.10
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 
Created in 0.0238 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger