ppBlog — the powerful personal-publishing tool

「TO.さんから18日再訪レポート」を読んで

本来該当記事「TO.さんから18日再訪レポートが入りました!花ギャラリー宴 中野友加里Link 」のコメント欄に打つべきことなのですが、ここはブログ主権限でひと記事起こして該当記事へのコメントと代えさせて頂きます。


(TO.さんとは4月のDIAMOND ICEでまた会いますが、こんなことはまぁ面と向かっては言えないので、ここで文章で記させていただきます)


このレポートがメールでSINSEIのところへ届いた時に合わせて6枚の画像お写真が添付されておりました。一枚を除いてはすべてブログで公開させて頂いたのですが、後残りの一枚のお写真はTO.さんと中野さんとのツーショット写真でございました。


そのお写真を見た時に不覚にもSINSEIは涙が出てきそうになりました。(ここで公開できないのが残念ですが)なんかすごくジーンときました。


今現役を引退していく選手とその選手をずっと支えてきたファン、いやそれ以上の深い絆。


父娘ほどの歳の差があるはずなのに。共に闘ってきた戦友といったような。


キリっとした表情で腰掛けるTO.さんの横で優しく寄り添う中野さん。


何かすごくジーンときてしまいました。


考えてみたらSINSEIが中野さんを応援する時、その横にもいつもTO.さんがいらっしゃいました。


今回TO.さんが送ってくれたレポートの中で嬉しかったのは、TO.そんとSINSEIが初めて出会ったサバガワさんのブログ記事のリンクと、SINSEIのブログに初めてTO.さんからコメント頂いた時のブログ記事のリンクが貼ってあったことです。


とても懐かしかったです。


【参考】
中野友加里選手の躍進にまつわるお話 - エラブヨロコビ - 楽天ブログLink
世界フィギュアスケート選手権まであと1ヵ月! - noBlog SINSEIの自己中で行こう!Link


すべてはここから始まったんだなぁ~と。


サバガワさんのブログに初めてコメント&トラックバックする時、すごく悩んですごくドキドキしたことは今でもよく覚えております。


そしてSINSEIのブログにサバガワさんから初めてコメントもらった時は本当に嬉しかったし、TO.さんから初めてコメントもらった時は本当に冷や冷や(汗)したものでした。


でも、それまで独りでなんとなく勝手に中野さんを応援していたブログだったけれど、その時「ああ!仲間が出来た!」って思って、その時これから迎える東京ワールドを前にして、すごくワクワクしたのをホント昨日のことのようによく憶えております。


実はSINSEIは今だから白状しますけれど、SINSEIやサバガワさん、みゅりえさんにTaWaShiさん(現たわば!さん)、そして後から加わったよっこさんも含めて、勝手にに「TO.組」って称してました。


なにかと面倒見の良いサバガワさん、まだお若いのにフィギュア観戦歴が長くてビシビシと鋭い分析をしてくるみゅりえさん、ちょっと突っ張っているようだけれど実は心温かいTaWaShiさん(現たわば!さん)、少し後から加わって妹分の様な感じですけれど実は一番頑張り屋さんでTO.さんと共に一番生観戦をしてきているよっこさん、


一番年上のSINSEIが一番落ち着きが無く一番頼りなかったような気がいたします。。。``r(^^;)


中野さんを縁にして集まった仲間たちだけれど、その中心には常にTO.さんがいて、TO.さんが私達の接着剤となって常にまとめ上げていてくれたと思います。


この4年間、というかTO.さん達と出会ってからの3年間、SINSEIがここまで中野さんの応援が出来たのも、まだまだニワカなSINSEIがフィギュアスケートのことをブログで綴り続けることが出来たのも、本当にTO.さん、そして「TO.組」のおかげなんです。


今、サバガワさんは何か事情があったらしくてブログの方は離れ(それでもあのブログをそのまま残していてくれていたことに本当に感謝です)、またみゅりえさんは今人生の岐路に立ち自分自身と真正面から向かい合い一つの壁を乗り越えようとしている中で、


残された4人でその仲間を代表して、フィギュアスケーターとしての中野友加里の最後を見届け、これからの人生に向かって歩み始める新たなる中野友加里をエールをもって見送ることが出来たことを本当に嬉しく思います。


そしてTO.さんは18日の日にお一人で、今度は静かに、今度は噛みしめるように、中野友加里を見届け中野友加里を見送りに行ったんだなぁ~と、


あのお写真とレポートを読んでそう感じました。


TO.さんとSINSEIの付き合いはまだまだ続くと思いますが、中野さんのフィギュアスケートの引退を一つの節目として、なんか改まって変ではありますが、感謝の意味を込めまして記させていただきました。


あのお写真はフィギュアスケーター中野友加里を応援してきたこの4年間のSINSEIの記憶と共に大事な大事な記念の一枚として、大切に保管させていただきます。


ありがとうございました。


最後に、TO.さんとの思い出の記事でもあります青嶋さんのこの記事から引用してこのエントリーを締めくくりたいと思います。(2006年03月27日の記事ですがSINSEIがTO.さんやサバガワさんから教えてもらってこの記事を読んだのは2007年2月、東京ワールドの1ヶ月前でした)


@nifty:Sports@nifty:フィギュアスケート特集:女子シングル終了 中野友加里 フリー6位 総合5位  彼女の得たものLink
誰よりも負けず嫌いな彼女は、シニアに上がってどん底を味わってからもずっと、誰もが賞賛する努力を続けてきた。きっと出られなかった大きな試合、上がれなかった表彰台、手に出来なかったメダルを思い描いて。そして今シーズン、本人も驚くほど素晴らしい成果を挙げ、大きな大会にも堂々と出場した。欲しかった、たくさんのものを手に入れた。

 しかし――私が今シーズン、中野友加里が得たいちばん大きなものは、ニコニコしながら手を叩いているあのカナダのおじさん、彼らの存在だと思う。日本で、カナダで、世界中で。今シーズン、多くの人がユカリ・ナカノを知った。

(中略)

でも。友加里ちゃん、あなたにはあなたのスケートを待っているたくさんの人がいる。人々に「またユカリを見たい!」と思わせてしまう力を持っている。表彰台やメダルはその試合限りのものだけれど、中野友加里自身が心をつかんだファンは、彼女が彼女らしいスケートを見せ続けている限り、ずっと離れない。
 そのことは、これからまた始まる戦いのなかでも、忘れないでいて欲しい。(青嶋)


(どうか「スケート」や「戦い」を「人生」と読み変えて読んでみて下さい)






     

— posted by SINSEI at 11:51 pm   commentComment [13]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [13件]

Up1. よっこ Website — 2010/03/23@02:11:38

SINSEIさんの言わんとすることがすっごく良くわかります。私もTOさんの写真見たときにほほ笑みが出ましたもん。

TO組いいですね~。でも、そういう感じだったと思います。面倒見が良いですし、TOさんのひと声が人をまとめますよね。

私も今回で、名前と顔がやっと一致して、なんだか本当に初めての方は人見知りするんですが、不思議なくらいに居心地が良かったです。

前世この人たちと家族だったのかな~なんて思いました。

SINSEIさんは、妹の頼みをなんだかんだ言って聞いちゃうお兄ちゃんですよ!(というのも、バナーを取りに行かせてしまい、悪かったかな?と思いつつ行かせてしまったので)

お互いにこうして感謝し、励ましあえる仲間がいるということは大きな財産だと思います。

Owner Comment SINSEI Website  2010/03/25@03:53:29

SINSEIさんの言わんとすることがすっごく良くわかります。私もTOさんの写真見たときにほほ笑みが出ましたもん。

あ、よっこさんも見ました?なんかいいんですよね~!ジーンとくるし微笑ましいですよね~

TO組いいですね~。でも、そういう感じだったと思います。

なんか、基本みんなそれぞれてんでバラバラのようで、でもな~んかTO.さんの元でまとまっている様なかんじ?そうな~んか不思議なんですよね~。

前世この人たちと家族だったのかな~なんて思いました。

おお!前世っていうのも面白いですね!そういうのってやっぱあるのかなぁ~。TO.ファミリーですね!(なんかマフィアのゴッドファザーみたいになってきたぞ!)

SINSEIさんは、妹の頼みをなんだかんだ言って聞いちゃうお兄ちゃんですよ!(

いやいや、、、、(*^^*ゞ 頼りない兄でございます。。。

お互いにこうして感謝し、励ましあえる仲間がいるということは大きな財産だと思います。

そうですね!この先もまたこのメンバーで何か出来たら面白いですね!

3. たわば! — 2010/03/23@10:36:51

サバガワアサムさん、今回のイベントの前にメールしました
でも届かなかったです
TO.さんがコメントの中でアサムさんのブログを取り上げてくれて、とても嬉しかったです
これぞ縁!
もしもアサムさんがここを見ていたら連絡してほしいな!

中野友加里に恋したファンは数知れず
だけどTO.さん
何年もかけて足を運んで、彼女がスケーターとして成長していくのを仔細に眺めるだけではなく、時にはアドバイスを寄せてみたり
徐々にファンが増えていき、そのファンが一層彼女を応援できるように、力を貸してくれました
そういうの中野さんもわかってたのではないかな?
と送っていただいた写真を見て思います
皆さんと知り合えてよかったなと思います
これからもよろしくです

Owner Comment SINSEI Website  2010/03/25@04:19:12

たわば!さんどもです!結局あれから起きてます。カワスミ組観ようとがんばります。

サバガワアサムさん、今回のイベントの前にメールしました
でも届かなかったです

ああ、そうなんですかぁ~。なんかちょっと寂しいなぁ~どうしているのかなぁ~。

もしもアサムさんがここを見ていたら連絡してほしいな!

同意です。ブログは残っているのになぁ~。

だけどTO.さん
何年もかけて足を運んで、彼女がスケーターとして成長していくのを仔細に眺めるだけではなく、時にはアドバイスを寄せてみたり
徐々にファンが増えていき、そのファンが一層彼女を応援できるように、力を貸してくれました
そういうの中野さんもわかってたのではないかな?

TO.さんて、こんなこと言ったら怒られるかもしれないけれど、やっぱファントムなのかなぁ~なんて思います。

でもファントムと違うところはクリスチィーヌを独占しようとせず(当り前だけれど、、、)ファンを広げようと努めたこと、一緒になって応援しようとしたところでしょうかね。

これからもよろしくです

こちらこそです!

5. いえねこ Website — 2010/03/23@15:53:25

『主イエス・キリストによってケ・セラ・セラ』のいえねこと申します。
私のブログを紹介してくださり、ありがとうございます。
あんドーナツさまのコメントから知りました。
おかげで普段4~5人の訪問者しかないのに、昨日は51人でびっくり:oしてしまいました。

ところで私も18日に行っておりましたので、To.さま(ダンディーな紳士)をお見かけしております。
たぶん私は30代以上に仕分けられた女性の一人でしょうf(--;
楽しい思い出をこうして共有できるのはネットならではですね!
それでは、また寄らせてください。

UpOwner Comment SINSEI Website  2010/03/25@12:52:01

いえねこさん、こんいちわ!コメントありがとういございます!
レスが遅くなって申し訳ありません、、、m(__)m

私のブログを紹介してくださり、ありがとうございます。

いえいえ、「中野友加里 宴」で検索で調べてたどり着いたのですが、
確か以前にも応援ブログでコメント欄でリンク(TBだったかな?)から一度訪れたこともありました。

おかげで普段4~5人の訪問者しかないのに、昨日は51人でびっくり:oしてしまいました。

おお!それはすごいですね!

恐らくSINSEIのところからだけでなく、あんドーナツさんや応援ブログ経由からもアクセスがあるんじゃないかな?
中野さんの宴でのブログ記事が多くの中野ファンの眼に止まる、そんな思いも込めてリンクを張ってみました。

楽しい思い出をこうして共有できるのはネットならではですね!
それでは、また寄らせてください。

ありがとうございます。中野さんの記事は一旦締めくくりましたが、また情報随時更新していこうと思います。

さっそく花ギャラリー宴さんよりお知らせが入っておりますよ!

7. TO. — 2010/03/24@01:43:10

SINSEIさん、よっこさん、Tawashiさん、皆様方にここまで持上げられてしまうと、お返事を書くのが難しいです(笑)

今回サインしていただいた「Sports Yeah! No.155(廃刊号)」インタビュー取材記事のPDFをSINSEIさんに送る時に、「全てはここから」という題をつけました。これはSINSEIさんとの歴史という意味であり、最初に出合ったみゅりえさんとは更に数ヶ月遡ります。良い機会ですのでここに紹介しておきます。

「なぜ中野友加里なのか」
http://plaza.rakuten.co.jp/murier18/diary/200612070000/Link

2006年12月初旬のN杯で3位表彰台であったが2位の村主選手に敗れてGPFを逃した数日後、@niftyにみゅりえさんの「なぜ中野友加里なのか」がTBされました。これに先立つ2006年1月に書かれた「中野友加里選手について」を始めとしてその後ロム専させていただいていたのですが、「なぜ中野友加里なのか」のコメント欄での他の方とのやりとりで、N杯の中野さんのインタに対して弱気すぎるというのが琴線に引っかかり、初書き込みしました。それ以降12月末の全日本までその記事での意見交換(笑)が続き、最後がレインボーアイスアリーナの全日本初表彰台東京ワールド代表決定の翌早朝コメント。

私は佐藤有香さん引退から女子選手応援は遠ざかっており、中野さんが出てきて3A成功などもニュースで追う程度であり、2005シーズンから本格応援ということで、みゅりえさんの文章を読んで、ジャンプ・スピン・ステップ及び曲との協調などトータルに詳しい凄い人がいるなと思いました。私は理数系なので新採点のルールの飲み込みは早かったので、そんな2人が繰り広げるコメントのやり取りは、今読んでも熱いですね。その後の東京ワールド展望も熱かったですね。

そのうち、みゅりえさんの所でお会いしたTawashiさん、サバガワアサムさんのブログにもお邪魔することになりました。私は今でもそうですが、職業柄情報の外部流出には特に気をつけているので、会社&単身赴任寮のパソコンでのブログへの書き込みは厳禁としているため、タイムリーな書込みが出来ませんでした。そこで当時、私の話を最も必要としていたサバガワアサムさんにメルアドを教えていただいて、彼女のブログで記事コメや記事のアップをお願いするようになりました。そこにSINSEIさんが迷い込まれて(笑)。当初は写真のメール配信もサバガワアサムさんが全てやっていただいていたのですが、東京ワールド後の名古屋フェスを最後にブログを休眠されました。(以下、SINSEIさんとよっこさんについて、簡単に述べます。Tawashiさんについては、その5あんぱんさんの所で紹介したので省略させていただきます)

そこで、その時点で一番頼みやすかったSINSEIさんに今のような形をお願いして、楽(居候)をさせていただいております。チケット取りも2人で手分け(第一希望、押さえをそれぞれ分担)すれば大体ゲットできましたよね。SINSEIさんのブログ記事は、MISAさんご指摘のところで述べられている「感性」とテンポの良さが魅力です。

よっこさんが初めてここに来られたのは、2008年5月12日にアップしていただいたPIW大津公演レポに6月8日ご来店。そこでSINSEIさんが「ご自身のブログは?」と質問したら「立ち上げようかな」と仰って6月12日に祝開店、早っ!! ブログ設立とその後のご活躍を通しての、熱意と一途さに脱帽です。ということで、大したことでなければ、協力してあげたいと思わせるお人柄で、この2年間で(こういうことをいうのは失礼かもしれませんがご自身のブログにも書かれておりますので)随分成長されたと思います。

「プリンス アイス ワールド大津公演 レポート!」
http://sinsei.coolblog.jp/nnnoblog/index.php?UID=1210575499Link

>中野さんを縁にして集まった仲間たちだけれど、その中心には常にTO.さんがいて、TO.さんが私達の接着剤となって常にまとめ上げていてくれたと思います。
>TOさんのひと声が人をまとめますよね。

会社での役回りがそういうことですから、業務の実力が発揮できているということでしょうか(笑)。
職員数百名の職場で、これらを指導する立場にありますので、会話で2~3往復すれば各人の(技術力のほか、特性、機転、空気を読む力などの)実力を判断できます。そういった点でいうと、ここに紹介させていただいた方々は全て合格で、楽しくつき合わせていただけております。

>SINSEIさんは、妹の頼みをなんだかんだ言って聞いちゃうお兄ちゃんですよ!

本当に気配りやアイデアが良いですよ-、お人柄です。

>中野友加里に恋したファンは数知れずだけど、TO.さん何年もかけて足を運んで、彼女がスケーターとして成長していくのを仔細に眺めるだけではなく、時にはアドバイスを寄せてみたり徐々にファンが増えていき、そのファンが一層彼女を応援できるように、力を貸してくれました。そういうの中野さんもわかってたのではないかな?

こういう文章がすらっと(と想像)書けてしまうのが、Tawashiさんの最大の特長ですね!!

SINSEIさんご引用の青嶋さんの文章は、前段のこれ

さびしげな後姿を、今日(カルガリーワールド)のフリーが始まる直前、ふっと思い出してしまった。「また来年がんばって!」。そんなことを言いたかったのに、声もかけられない。小さくなっていく後姿を黙って見ているしかない。・・・・・・このまま大きな活躍をすることもなく選手生活を終えてしまうのかもしれない。

が、引用部分に効いてくるのですが、これを読んで、少しでもファンを増やしてあげたい、そのファンの為に中野さんの人間的魅力をもっともっと知ってもらいたいとの想いで、「Sports Yeah! No.155(廃刊号)」インタビュー抜粋をサバガワアサムさんのブログのコメント欄に打ち込んで後に纏めていただいたもので、皆様に出会えたことでその目的は十二分に果せたものと思っているしだいです。

Owner Comment SINSEI Website  2010/03/25@13:07:11

TO.さん、コメントありがとうございます!

こうして振り返ってみると、やっぱりなんというか、ほんと3~4年の出来事ですが、何か歴史の様なものを感じますね!

みゅりえさんの記事もSINSEIはTO.さん達と知り合ってから教えてもらい後から読んだのですが、それでも当時手に汗しながら興奮して読んだのを覚えております。

あのブログ記事は本当にコメント欄でのやり取りも含めて貴重な資料ですよね。

さて、ここ数日は実際のスケート界の動きにブログの記事が追い着いていない状況ですが、これからもがんばりますので、今後ともよろしくお願いいたします!

9. TO. — 2010/03/24@01:56:27

いえねこさん、18日にご一緒したのですね。

>たぶん私は30代以上に仕分けられた女性の一人でしょう

どのお方かわかりませんが、不愉快な表現になっていれば、お許し下さい、大雑把な感じを伝えたかったので。

さて、今貴ブログを覘いてきましたので、以下に数箇所を引用してコメントさせていただきます。

>「ファンのつどい」といえば大きなホテルで行われ並んで握手してもらえる程度で、サインは前もって書いてあるモノを買わされたりツーショットなんて絶対無理でしょうから、こんな、中野さんが自ら給仕してくれてプレゼントも渡せて、写真も撮り放題なんて凄いサービスだと思うのです。ファンに対する感謝のお気持ち、しっかり受け止めてきました。

そうですね。私も1度だけ2006N杯の時に夜参加し、その会は食べ物と飲み物が良かったのと、パーティまでの待ち時間に当時の直近の地方大会でお話して面識のあった小塚君がロビーに降りて来て久美子先生との2ショットなど撮らせていただき話も出来たので満足だったのですが。以降のランチョンパーティーなどの報告を見聞きしても、コストパフォーマンス上合わないので、それから後は2度と行こうとは思いませんでした。まだPIWのふれあいタイムの方が良いです。

今回中野さんが「写真をブログに載せてもいいですか」との問いに「もう選手ではないのでどうぞどうぞ」発言されたのも聞いており、選手時代は連盟からの縛りがあったものと推察されます。2008すいとぴあ江南のイベントでも午後の部だったかな、冒頭司会者が「撮影は禁止です」と言ったにもかかわらず、従わない人が多数出て、やり取りで1分ほど中断という事態も起きました。帰りに1時間ほど立ち寄られた私用の宴では撮影OKだったので、イベント出演も連盟の許可制ゆえ、撮影禁止が条件となっていたのだと思います。

>最後に何故かお饅頭をいただいてお開きとなりました。

http://www.ooguchiya.co.jp/Link

これでしたか?これでなかったら以下無視してください。

これでしたら当日和食と聞いていたので茶請けにと、14日の我々5人のお礼を込めて18日宴さんに「参加のみんなで食べてください」とお持ちしたものです。大口屋の麩まんじゅう「餡麩三喜羅(あんぷさんきら)」は地域の名物らしく、私が朝8時半開店直後に品定めしている間にも、3人ぐらい「さんきら」と仰って30個とか50個買って行かれました。「これがこの店で1番のものですか」と尋ねたら「そうです」ということで注文し、高く積まれた餅を並べる長辺1メートルぐらいの木の箱1つを机に下ろして個数を数えながら菓子箱に移して、お待ちどうさまということでした。

Owner Comment SINSEI Website  2010/03/25@13:15:31

TO.さん、こちらにも少しだけ。

今回中野さんが「写真をブログに載せてもいいですか」との問いに「もう選手ではないのでどうぞどうぞ」発言されたのも聞いており、選手時代は連盟からの縛りがあったものと推察されます。

ああ、そうかぁ~!そういう意味だったのですね。

SINSEIは今までそういった連盟が取り仕切るオフィシャルなイベントって行ったこと無かったから、競技会が撮影禁止なのは当たり前として、アイスショーのふれあいタイムではあんなにみんなに写真撮られて、みんなブログで公開しているのに、正直???とちょっと思っていたのですが、ようやく意味がわかりました。


それとお饅頭の件、
なかなか、なんというかTO.さんと宴ママとの気配りというか、配慮というか、心意気みたいなものを感じますね!

そうかぁ~中野さんも大好きなんですね、大口屋のお饅頭。(笑)

Up11. よっこ — 2010/03/24@02:17:41

>大口屋の麩まんじゅう

これは、中野さんの好きなお饅頭ですよね!!
さすがTOさんです。私たちのお礼も兼ねての心配り(涙)
本当に何から何までお世話になっております^^;

今日、宴のママさんあてにお礼のお手紙を添えて、写真を2ポーズ(バナ-&着物)送らせていただきました。

PS:応援ブログの管理人疑惑?も、勘違いされていた方と連絡が取れて疑いが晴れましたので、御報告しておきます。不安を取り除いていただき、その節はありがとうございました。

12. いえねこ Website — 2010/03/24@11:24:15

TO.さま

お饅頭はそうです、これでした!TO.さまのお土産だったんですね。ご馳走様でした。私は『いばらまんじゅう』とも呼んでいます。さすがに大口屋さんの高級和菓子、美味しかったです。

それから、『30代以上』云々は不愉快ではありませんので、気になさらないでください。

私のブログもお読みくださり、ありがとうございます。特に他の人と違ったことが書いてあるわけではないので、同じような内容になってしまいました。


SINSEIさま

TO.さまへのお返事、コメント欄にて使わせていただき申し訳ありません。

Owner Comment SINSEI Website  2010/03/25@13:19:05

いえねこさん、こちらにも。

SINSEIさま
TO.さまへのお返事、コメント欄にて使わせていただき申し訳ありません。

お気遣いありがとうございます。

SINSEIのブログのコメント欄はこのように自由に交流の場としてお使いになってくださって結構ですので、これからもどうぞお気軽に。(もちらん誹謗中傷等は無しの公序良俗の範囲内で)

ただしスレッド表示がゲスト対管理人でしか表示できないので、今回してくださったように「だれ宛のレス」なのかは最初に明記して頂けると助かります。

でないと全部SINSEI宛てのコメントかと思ってしまいますかr。。。``r(^^;)

これからもよろしくですぅ~!

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2010.3
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
Created in 0.0400 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger