ppBlog — the powerful personal-publishing tool

映画「THIS IS IT 」 マイケル・ジャクソンの遺言

人生には最高にに輝ける瞬間というものが時として訪れることがある。


その後の人生すべてを棒に振ってでも、その一瞬に賭けたいと思えることが時として訪れる。


十字路に差し掛かった者の後戻りできない瞬間、


真っ直ぐ進めばその先はネバーランドの夢の世界が待っている、でもたどり着ける保障は誰にもない。


引き返せばただそれまでの現実の世界だ。


エンターティメントというものが夢を売る商売なら彼は夢の中の住人だ、ネバーランドの王だ!


彼は言う、「もっと高い音を!もっともっと高い音を!」


そこに速引きのフレーズなんていらない。トリッキーなプレイもこざかしいテクニックも不要だ。


単音一発チョーキングで、その一音に魂を注ぎこめ!と、「輝け!」と、


そして「一緒にいるから」と、優しく抱きしめる。


人生における最高の瞬間というものはこういう時のことを言うのかも知れませんね。<あんドーナツさん。


さて、何故SINSEIが当初この映画を観るかどうか迷っていたか、いやむしろ観に行くつもりが無かったか。


(それよか「パイレーツ・ロックLink 」を観ようか「E.YAZAWA ROCKLink 」を観ようか迷っていたから、、、ということはこの際置いておくとして(笑)


それは彼の死後の一連の報道騒動、死因への疑惑や遺産相続での過熱報道、そんなものに辟易してしまって、


この映画もその延長上の、「彼が死んでツアーができなくなってその損失を埋めるための映画」


そんな捉え方をしてしまったからである。


彼はもう死んだんだよ、死者は静かに優しく弔ってやれよ。


その晩年、彼の奇行ばかり取りざたされつづけたけれど、死してもまだ鞭打つのか?


実はそんな気分だったんだけれど、


実はこの映画はそんな映画ではなかった。


恐らく膨大にあったであろうリハ映像やリハ音源の数々、この映画がだたそれを繋ぎ合わせただけの陳腐なドキュメンタリー映画ではない。


ちゃんと彼の、マイケルのメッセージが込められている。


マイケルがその実現することの無かったツアーを通して何を訴えかけたかったのか?そのツアーにどんなメッセージを込めていたのか。


そのことをしっかりと伝えるべくこの映画は編集されている。


素晴らし!これは正に彼の遺作だ!


彼の全身全霊をかけたパフォーマンス、これは正に圧巻!だった。


彼の一挙手一投足からリズムが波打ち、メロディーが溢れ、バンドやダンサーのアンサンブルが彼のオーラと相交わった時に最高のパフォーマンスが繰り広げられる。


残念ながら彼は永遠に覚めることの無い夢の世界、今度は誰も侵すことのできない本当のネバーランドの世界へ旅立ってしまったけれど、彼のメッセージはこの映画と共に永遠に残るであろう。


「HEAL THE WORLD」 Michael Jackson 和訳付き LIVE with LyricLink

SUPER BOWL(全米人気NO1のプロフットボール選手権大会)のハーフタイムショーで行われたマイケルのLIVEです。
※Michael Jacksonは真のエンターティナーです。彼の人生は苦悩の連続だったと思います。晩年はマスコミが作り上げたイメージが世間では先行してしまいましたが、彼のしてきた軌跡をたどればどんな人物か分かると思います。
今の私があるのは彼のおかげです。


マイケルジャクソン。彼の本当の姿を知りたければ、この数分の彼の音楽に込められたメッセージを素直に感じればいい。誰もが本当 は自分がこんなに音楽が大好きだったんだって、改めて気付かされる。素晴らしい数分間の感動を有難う。僕は彼と同時代を生きてきた事を本当に幸福に思うよ。


長きに渡りマイケルを見たきたのに、鳥肌が立ち、泣いたのはこれが初めて。私はマイケルの何を見てきたのだろう?
派手なパフォーマンスだけに虜になり、彼の本質を見つけられなかったのかな・・?彼が天使になってからそれに気づいた・・。
私も彼の意思を自分なりに継承していきたい。それが彼が一番望むことだと思う。
安らかにお眠りください。


あなたが抱えてたプレッシャーや悩みは計り知れないものだと思います。でも最後まで自分を信じ、芯で思っていた考え、願いは全世界の人々の心へ届いたと私は思っています。マイケルの思いはこの後の人類に受け継がれ、解決までの道のりは長い道のりですが、確実に平和に一歩近ずいたでしょう。大きな愛と優しさを胸に、私も世界、人々を癒せますように。


Heal the world
Make it a better place
For you and for me
And the entire human race





ここ岡山(倉敷MOVIX)の映画館でも上映終了後にはパラパラと拍手が湧きあがった。少なくともSINSEIは映画館で拍手が起こるという経験は(子供の頃の東映まんが祭りを除いて)初めてだった。


倉敷MOVIXの中でも一番小さいスクリーン(座席数10×12くらい)だったけれど席はほぼ満席。年齢層も幅広かったかな?結構若い子や家族連れなんかもいて嬉しかった。やっぱり女性が多かったけれど、SINSEIのように一人で来ている男性も結構いたかな?


「I'll Be There」では自然と涙が溢れてきて、隣のおばちゃんに気付かれんじゃないかと思ってちょっと焦ったよ。。。(だって恥ずかしいじゃん)


最後にこの映画を観ることを躊躇っていたSINSEIに、その素晴らしさを伝えてくれて、観に行くきっかけになった二つのブログを感謝の意を込めてここにご紹介させていただきます。


マイケル・ジャクソンのTHIS IS ITを鑑賞 - Del AmanecerLink


思いっきり…応援するのだ! : 映画『THIS IS IT』 スーパースターMJ (追記あり)Link
思いっきり…応援するのだ! : 『THIS IS IT』 スーパースターMJ その2Link


【関連自ブログエントリー】
Jackson 5 - I'll Be There 訳詞というものに挑戦してみました(汗) Link


マイケル・ジャクソン THIS IS IT - オフィシャルサイトLink



2009年11月23日鑑賞、25日記す


— posted by SINSEI at 01:37 pm   commentComment [4]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [4件]

Up1. あんドーナツ Website — 2009/11/25@21:03:06

こんばんわっ(QQ)
どうやら体調も回復されたようですね。良かった良かったです。
同僚はDVDを買って観るという考えを選択のようです。それも手元に残る感動かも。
私的には、バックステージツアーへ行けた気分もあり☆ スクリーンでの迫力はまた別モノの良さだと思っています。
いろいろな個人の趣味嗜好をグゥゥ~ンっと超越してこそスーパースターなんですかね?
特別に執着していたわけではなかったのに、KING OF POP
の存在は大きすぎた感です。

*病み上がりが大事ですよ~SINSEIさん

Owner Comment SINSEI  2009/11/26@09:17:22

あんドーナツさん、おはようございます!コメントありがとう!

どうやら体調も回復されたようですね。良かった良かったです。

いえいえ、それがまだなんですよ~。。。昨日も気持ち悪くてもう仕事休んじゃおうかと思ったんですけれど、がんばっていってきました。(今帰ってきたところなんです) ずっと吐気と睡魔と戦ってました。。。(朝からきたない話ですいません)

同僚はDVDを買って観るという考えを選択のようです。それも手元に残る感動かも。

それもありかもですけれど、できれば映画館で観た後でDVDはキープしておきたいですね。

SINSEIもあんドーナツさん同様、この映画観るんだったら劇場行かなきゃって思ってたから、「」パイレーツ・ロック」はDVDでもよいけれど、この「THIS IS IT」は映画館の大画面で優れた音響システムで観たいな、て思っていたから。

私的には、バックステージツアーへ行けた気分もあり☆ スクリーンでの迫力はまた別モノの良さだと思っています。

劇場で観て正解でしたね!

本当にすぐそこでマイケルが歌っているような、我々もスタッフの一員としてリハーサルに参加しているような、本当にそんな気分になれる映画でしたね。

いろいろな個人の趣味嗜好をグゥゥ~ンっと超越してこそスーパースターなんですかね?

あ~あ、あんドーナツさん良いこと言いますね。そうかもしれないですね。

好き嫌いを超えた上で、圧倒的になんかすごい存在、、、あれ?このフレーズ浅田真央のところでも使っていたなぁ~汗。まぁ真央ちゃんもスーパースターということで、、、。(ホントか?)

きっとスーパースターって自らの光で人を輝かせる人、、、ってことなんだろうと思う。誰分け隔てなくね。

だからそれまで何でもなかったのに、その存在を間近に感じてしまったら、もうその人のことで頭がいっぱいになっちゃう。ってことなのかなぁ~。

まぁ突き詰めると、イエス・キリストとか宗教のお話になっちゃうので、この辺でやめておきます。(ジーザスクライストスーパースター、、、てか?笑)

*病み上がりが大事ですよ~SINSEIさん

おお。お気づかいありがとうございますぅ~(嬉し涙)

でもでも、、、まだ病み(ヤミ)から上がっていないんですぅ~(それがすごく悲しい、、、)

3. Angelita Website — 2009/11/27@00:15:11

SINSEIさん
体調大丈夫ですか?無理しないでね。

明日もう一度最終日に大きなスクリーンで観たかったのですが、めぼしいところはすべてソールド・アウト。先週観た豊洲も一番大きなスクリーンになっていたのに、ほぼ完売間近で・・。すごい人気ですね。期間限定というのも大きいですね。

SINSEIさんも楽しまれたようで安心しました。
この映画でのマイケルのあくまでもリハーサルで歌っているのに、こんなに感動させるなんて・・本番はどうなっていたんでしょうね??
永久に幻のコンサートになってしまっただけに、想像をはるかに超えてしまいます。

SINSEIさんは孤独な少年とネズミが友達になるという映画「BEN」をご存知?
あの主題歌を歌っていたのがマイケル少年で、あの澄み切った歌声は今でもしっかり記憶しています。
歌もヒットしたんでしたっけ・・・。
マイケルの心はあの頃と同じ、ずっと少年だったのかも。
純粋で、キラキラしていて、そして孤独で・・。

お大事に!

Owner Comment SINSEI Website  2009/11/27@12:06:01

Angelitaさん、おはようございます!コメントありがとうございます!

体調大丈夫ですか?無理しないでね。

あじがどうございまず~(うれし涙)

昨日は(というか今朝ですが)あまりにも気持ち悪かったので仕事を早退させてもらいました。。。``r(^^;) なんかここんところずっと夜勤続きなもので疲れがたまっているのかもしれません。。。

明日もう一度最終日に大きなスクリーンで観たかったのですが、めぼしいところはすべてソールド・アウト。

あ~あ、明日で本当に最後なのですね。。。

それにしてもすごい人気ですね!恐らくリピーターの方とか、あと口コミでその素晴らしさがどんどん広まって行っているんでしょうね!

SINSEIの岡山でも、ネット予約では結構余裕で取れたのですが、いざ始まってみると満席の状態でした。といっても1日2回しか上映されないんですけれどね、岡山の場合(汗)

でもそう、欲を言えばもうちょっと大きなスクリーンで観たかったなぁ~。

この映画でのマイケルのあくまでもリハーサルで歌っているのに、こんなに感動させるなんて・・本番はどうなっていたんでしょうね??

それSINSEIも思いました!

あのシーン、え~とえ~と、コーラスの方とデュエットのシーンで、「もう本気に歌わせないでよ~。(周りがノセるから)ついつい本気で歌っちゃったじゃん!」みたいなことを言うシーンがあるじゃないですか、

「ええ!今まで本気で歌っていなかったの?!それでそのクオリティだったら本番だったらどうなっちゃうわけ?!」と驚愕した瞬間でした!(笑)

SINSEIさんは孤独な少年とネズミが友達になるという映画「BEN」をご存知?

もちろん知っております!

子供の頃テレビで観た記憶があるんですけれど、でもほとんど覚えてはいないですよ~``r(^^;) 大人になってからエンディング曲をマイケルが歌っていることを知りました。

あの澄み切った歌声は今でもしっかり記憶しています。
歌もヒットしたんでしたっけ・・・。

たぶんヒットしているはずです。これですよね?
↓↓↓
★ベンのテーマ・マイケル・ジャクソン(日本語歌詞付き)
http://www.youtube.com/watch?v=fRmRNCcsa-gLink

亡くなった時もよくかかってましたよね。

おっしゃるように子供の頃のマイケルは本当に綺麗な澄み切った声、子供らしい無垢で純真な歌声ですよね。

大人になってからのあの独特なファルセットのような歌い方やスリラーのようなアグレッシブな歌い方ももちろん良いですね。

彼は本当に、ダンサーやパフォーマーとしてもすごい(←「すごい」なんて簡単に言い表さないほど凄い!)ですけれど、ヴォーカリストとしても本当に素晴らしい声の持ち主だと思います。

それに今回映画を観ていて思ったのは、なんつーか、彼の身体は楽器の様、リズム楽器の様でした。

ドラムのリズムに彼が合わせているのではなくて、彼の動きから自然とドラムのリズムが発せられている様な、、、そんな錯覚を受けました。

もちろんこれはドラムの方も素晴らしいプレイヤーであったからこそ、そう思えたのかもしれませんね。(あのドラムの方は本当に上手かった!)

マイケルの心はあの頃と同じ、ずっと少年だったのかも。
純粋で、キラキラしていて、そして孤独で・・。

全く同感です、その通りだと思います!

そして本当のネバーネバーランドの世界へ旅立ってしまいましたね。

RIP~心よりご冥福をお祈りいたします~

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2009.11
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 
Created in 0.0301 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger