ppBlog — the powerful personal-publishing tool

DVD 「県庁の星」

キャッチコピー 「カイカクするのはココロです」


県庁の星 予告編Link




最近では「アマルフィ 女神の報酬」(←これ劇場で観たかったんだけれど見れなかったんだよね~)の監督を務めた西谷弘氏の監督デビュー作品。同じく織田裕二とのコンビですね。(というか、フジテレビ・プレゼンツ?)


まぁ予想通りのお話で、予想通りの展開で、予想通りの結末って奴?


とはいえ何気に結構楽しく見れた、、、``r(^^;)


最後に美味しいところを酒井和歌子が持って行ったかと思いきや、、、そういう落ちかよ! みたいなところも若干有り&ロバート・デニーロ張りの石坂浩二の演技も笑わしてくれた。


あ~柴咲コウの映画やドラマって観るのはじめてかも、、、(ツンデレ萌えなのに<自分、、、``r(^^;)


実はSINSEIにもこれとちょっと似たような経験がある。(あ、もちろんSINSEIは公務員でもエリート、キャリアでも何でもないけれど、、、)


それはDVD 「ターミナル」 Link の記事の中でチラッとふれた、某新国際空港に勤め始めた時の出来事。。。


初日から数ヶ月はSINSEIはカウンター業務を覚えなければならないということで、英語もできないのにカウンター業務に就かされた。


まぁ英語は決まり切った英語しか使わないから何とかなったんだけれど、(分かんないこと訊かれたら何でもかんでもインフォメーションを案内したしね、、、汗)


とにかくこのカウンター業務というのが複雑怪奇で、こうなった場合はこう、けれどこうなったらこうしなきゃいけない、ただし例外としてこうならばこう、、、とかとか、こんな感じで。。。


カウンターと言っても1タミ(第一ターミナル)と2タミ(第二ターミナル)とあって、2タミはさらにAとBあるからその連携も上手く取らないといけない。1タミでこうなったらすぐに連絡を入れて2タミではこうしなければならないとかとか、、、


もちろん日々の業務もそうだけれど、月に何回かしかない業務とかもあって、そういうのは最終的にはSINSEIの業務になってくるから、しっかりと教わらなければいけない、、、。


ということでそのSINSEIの研修担当に当たった人がそのカウンターのリーダー格の女の子(アルバイトさん)で、しかもその娘とサブリーダー格の娘はSINSEIが入ってから2週間ぐらいで辞めちゃうことになっていて、


さらにその数週間後に続々とアルバイトさん達が辞めちゃう予定になっていて、残るのは1タミのアメリカ帰りのお姉さんと2タミの韓国籍で日本語も英語も話せる(少し怪しいけれど)おばさんだけ。


つまり彼女らが辞めちゃうとしばらくはSINSEIも含めて3人でカウンターを回さなければならなくて、もちろんこれではみなさんお休みがとれないからなるべく早いうちにアルバイトさん募集して、こんどはSINSEIがその新人さん達にカウンター業務を教えなければならないから、、、そりゃぁ~もう必死だったんだけれど。


ただまぁ会社もそんな感じ(運転手とかに給料が出ていない)だったし、アルバイトさん達も会社に対しての不信感丸出しで(だから辞めちゃうわけで、だからSINSEIが雇われたわけで)、


で何故だかSINSEIは会社からの回し者みたいな感じで、しかも東京のボンボンみたいな噂が流れていたらしく(全然そんなこと無いんだけれど、、、``r(^^;)


もう初日からアウェイ感丸出しで、冷た~い雰囲気。だ~れもSINSEIに話しかけてくれないし、よそよそしい。。。話しかけてくれるのは残ってくれることになっているその1タミのお姉さんと2タミのおばさんだけ。


で、そのSINSEIの研修担当だったリーダー格の人なんだけれど、そりゃぁ~もう、意地悪いし感じ悪いし冷たいし嫌な感じの娘で、まぁ仕事のことはちゃんと教えてくれたんだけれど、もう一分一秒一緒に居たくない感じで(←向こうもこっちも)大嫌いだったんだけれど、


で、その娘がこれまたバスのドライヴァーのオジサンたちに大人気で(うわゆるオジサン受けするタイプ)、でその娘もドライヴァーのオジサンたちには、「△△さ~ん、お疲れぇ~さまぁ~」とか猫なで声で、


おいおい、どんだけ手のひら返しだよ!


とか、思ったんだけれど、、、本当に大っ嫌いだった。


で、その娘が辞める最終日に、まぁSINSEIも今後がちょっと不安だったので、一応何かあった時のために連絡先訊いておこうかなと思って、まぁ本部とかに訪ねて調べてもらえば連絡先なんて分かるんだけれど、一応本人に確認取った方が良いかな?と思って、


「あの~もし仕事のことで分かんないことがあったら連絡しても良いですか?」って尋ねたら、


「迷惑です!」(きっぱり!)


って言われちゃって、「何この女最悪!」(言葉が下品ですいません)って思ったんだけれど、まぁSINSEIも「とっとと辞めてくれよ!」って感じで(それは言わなかったけれどネ)、「今までありがとうございました、次のお仕事もがんばってくださいね」って感じで別れたんだけれど。


で、SINSEIはその後アルバイトさんを数人募集して無事にその娘らの研修を終えて、SINSEIは事務所に上がって今度はカウンターさんの人たちのシフトとか勤怠管理とか、売上金の管理とか、そういう仕事をするようになって、


まぁ~それから1~2ヶ月たったくらいかな?その娘から会社に電話があって、「どうですかその後、ちゃんとやってますか?」みたいな電話で、


正直いっぱいいっぱいだったんだけれど、「いや~もう全然大丈夫ですよ~問題無いです!ありがとうございます!」ぐらいの勢いで電話切っちゃって、


電話切った後で、「へぇ~少しは気にかけてくれていたんだ?」って思って、


まぁ~それだけなんだけれどね、、、


映画のようにその後ロマンスに発展しないところがなんともSINSEIの情けないところでございます、、、``r(^^;)


おあとがよろしいようで、、、(また映画と関係の無い話になってしまったヨ、、、ε- (´ー`*) ヤレヤレ





— posted by SINSEI at 02:35 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2009.9
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 
Created in 0.0289 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger