ppBlog — the powerful personal-publishing tool

佐藤有香さんが大変なことになっている件について、、、

ちょっと古いニュースになってしまいますが、、、ちょうどその頃仕事が超ぅ忙しくてなかなかアップする機会が無かったもので、ようやく仕事も落ち着きましたので今のうちに記事UP。


大変なこと、といってもネガティブな意味では無いですよ。いやむしろグッドニュースなわけなのですが、、、。


アボットが佐藤コーチに師事/フィギュア - スポーツ - SANSPO.COMLink
フィギュアスケート男子で昨年12月のグランプリファイナルを制したジェレミー・アボット(米国)が、1994年世界選手権女子金メダリストの佐藤有香コーチに新たに師事することが22日、明らかになった。米国協会が発表した。

 デトロイトが拠点の佐藤コーチは、全米女王のアリサ・シズニーも指導し、小塚崇彦(トヨタ自動車)の振り付けも担当している。(共同)


恥ずかしながらジェレミー・アボット(Jeremy Abbott)選手はまったくノーチェックだったのですが、ただ今季(08-09シーズン)目覚ましい躍進を遂げたことはもちろん知っております。


ジェレミー・アボットW(Wikipedia)より引用
2008-2009シーズン、中国杯をアメリカ男子シングル史上最高得点で制した。初進出のGPファイナルでは、ショートプログラム、フリースケーティングでそれぞれパーソナルベストを更新し、アメリカ男子シングル選手初のGPファイナルチャンピオンとなった。全米選手権でも初優勝。


ただしシーズン後半、世界選手権11位、四大陸5位とあまり成績が振るわなかった。


恐らくこの時、今までモヤモヤとわだかまっていたものが萌芽となって、明確に強い意志として形造られたのではないかな?なんて。


五輪シーズンにそれまでのコーチを変えて、新しいコーチに移ることは、ある意味大きな賭けであり冒険とも言える。特に振付師としての実績はあってもコーチ業としては有香さんはまだまだ未知数。


逆にこのことは有香さんにとっても大きなチャンスとも言える。


さて、この佐藤コーチ夫妻(佐藤信夫・久美子夫妻)の愛娘、ある意味“佐藤イズム”の直系中の直系の有香さんが、この全米チャンピオンを五輪シーズンにどう育てるのか!?


日本で荒川静香をはじめ、村主章枝、中野友加里、安藤美姫、小塚崇彦ら多くの選手を育てたこの“佐藤イズム”のDNAが今、海を越えて遠い彼の国アメリカで息吹き創めた。


(もっと軽い感じで書こうと思ったのに、最後はなんだか重厚な感じになってしまった、、、とりあえず上げときま~す)


【参考にさせていただいたサイト】
Jeremy Abbott joins forces with Yuka Sato - icenetwork.comLink
US champion Abbott switching coaches - Figureskating - ESPNLink


ジェレミー・アボット選手コーチ変更(佐藤有香)|フィギュアスケートファンLink






— posted by SINSEI at 10:08 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2009.6
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 
Created in 0.0229 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger