ppBlog — the powerful personal-publishing tool

逆転優勝!中野友加里 ユニバーシアード

逆転優勝!なんというスリリングな響きだろうか!中野さんほど「逆転優勝」という言葉の似合う人はいない!と断言(ほんとか?)


本日も相変わらず夕方からの夜勤だったので、結果は休憩中にみゅりえさんとよっこさんのブログに携帯からアクセスした知った。


正直ホッとした。。。


中野さんのことだから大丈夫!とは思いまながらも、それでもホッとした、よかった、今季最後の試合を優勝で飾れたのはほんと良かった。

1 2A 3.50 0.40 3.90
2 3F+2T 6.80 -0.80 6.00
3 3S 4.50 0.20 4.70
4 3S+2T 5.80 0.00 5.80
5 CCoSp4 3.50 0.80 4.30
6 2Lz 1.90 -0.18 1.72
7 SpSq4 3.40 1.00 4.40
8 3F 6.05 x -0.20 5.85
9 FCoSp4 3.00 0.60 3.60
10 SlSt3 3.30 0.50 3.80
11 3T 4.40 x -1.00 3.40
12 FCSp4 3.20 0.70 3.90


Name Nation TSS TES PCS
SP4 NAKANO JPN 52.70 28.58 24.12
FS1 NAKANO JPN 101.93 51.37 50.56


「緊張で硬さが出てしまった。かなり悔しい」


FSの動画をまだ見ていないので何ともだけれど、決して勝者の語るコメントとは思えないところが、演技の内容を物語っているのだろう。


けれどもSINSEIには今季の総括としての「悔しさ」という重要なキーワードのように思えてならない。


おそらく中野さんにとってこの「悔しさ」というものは「モチベーション」を上げる上での重要な要素となっている。インタビューで「私、負けず嫌いなんです」と笑顔で語っていたことを思い出す。


「悔しい」から、だからがんばる、それをバネにしてがんばる。彼女はそういう人だ。(だから好きだ)


今彼女にとっての、その悔しかったシーズンがまさに終わろうとしている。その「悔しさ」の先に何があるのか?次のシーズンにその答えがきっとあるはずだ。


「PASSION 2009 フィギュアスケート男子シングルフォトブック」という雑誌で「中野vs小塚 対談」を読んでいて(TO.さんいつもありがとうございます) あれ?と思ったことがある。


その中で彼女はオリンピックへの意欲を明確に語っている。それまでの「出れるものなら出たい」というやや後ろ向きな表現から「目指す場所 目標」として前向きにとらえている。


彼女の表に出てくる言葉として、ここまで明確に語ったのはこのインタビューが初めてではないだろうか?(違っていたらごめんなさい、メディアをすべてチェックしているわけではないので、、、``r(^^;)


この「悔しかったシーズン」での経験が糧となり、来シーズンにバンクーバーで花開くことを、ファンとしては楽しみにして待ちたい。



>

— posted by SINSEI at 05:37 am   commentComment [4]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [4件]

Up1. TO. — 2009/02/25@15:38:38

SINSEIさん、演技や点には満足されていなくても、JOC強化選手として望んだJOC関連試合。勝つべき試合というプレッシャーに押しつぶされながらも勝ち取られた、チャンピオンという結果が全てだと思います。SPを見るに体型が絞れてきているようですし、良い方向に向かわれていると思います。記事で、「来季は早く準備したい」というのもあり期待できます。

オリンピックの話。
抜粋【でも来シーズン、ふたりともに目指す場所、目標は決まっているので......2人で一緒に! 信夫先生と久美子先生をオリンピックに連れて行ってあげたいな、と思います。】

今までの感謝を込めて、こう考える方が気持が楽に臨めるかも知れませんね。野球選手が尊敬する監督を胴上げしたいと公言してモチベーションを上げるのと同じように。

Owner Comment SINSEI Website  2009/02/26@05:51:25

TO.さん、こんばんわ!コメントありがとうございます!

JOC強化選手として望んだJOC関連試合。

今更ながら「ユニバーシアード」って大学生のオリンピックってことなんですよね。FISUが主催でJOCが選手を派遣しているんですよね。

その試合で優勝を勝ち取れたことと、今季の締めくくりとして有終の美を飾れたことの意味は大きいですよね。

と同時にオリンピックのプレシーズンを「悔しさ」で終えられたことも、中野さんにとって実は良かったのではないかと、そんな風にSINSEIは感じております。

悔しければ悔しいほど燃えるタイプだからなぁ~中野さんは(笑)

Yukari Nakano - FS (Incomplete) - 24th Winter Universiade
http://www.youtube.com/watch?v=EoEhy6tQv1oLink

オリンピックの話。

抜粋ありがとうございます!そうです、まさにこの部分です!「中野さん、気持ちが固まったな」ってそう思いました。

それまでの「出れるものなら出てみたい」「オリンピック前に引退するかもしれない」という発言。競技者として誰もが目指すオリンピック。だから私も出てみたい、、、なんとなく。

この頃ってオリンピックに向けての明確な理由付けがまだ彼女の中では出来上がっていなかったんでしょうね。

たぶんそんな彼女の風穴を開けたのが大ちゃん(高橋大輔)なんじゃないかな?ってSINSEIはにらんでます。この話長くなりそうだから別記事にまとめようかな?

思えば「感謝」の念で幕を開けた今シーズン、結果として世界選手権に出られないという「悔しさ」が残った。

「このままでわ終われない、このままでは感謝の想いが伝わらない。」

自分のためだけでなく誰かの為に、、、だからがんばれる。トリノの荒川静香さんの境地ですね。

3. TaWaShi — 2009/02/25@23:43:36

まだフリーを見ていないのですが
ジャンプで苦しんでる真っ只中、それでもその他の要素をぬかりなく磨いてきたことが辛い得点の中で反映されてよかったですね!
本命視、やたらな期待がかかるとプレッシャーに弱い方のように感じていましたが、今大会は見事それをねじふせた、そのこともファンとしてとても嬉しいです
ご本人が内容に満足していないことが、逆に練習においての調子は上をむいてきたのかな、などと感じました
これまで幾度も口にされていた、「納得のいく練習」今シーズンはこれまでのように選手の自信の裏づけにならなかったかもしれませんが、今季の苦しみは必ずや五輪シーズン奮起のバネになると信じましょう!

Owner Comment SINSEI Website  2009/02/26@06:04:57

TaWaShiさん、こんばんわ~!もうおはよう~の時間かなぁ~?

まだフリーを見ていないのですが

TO.さんへのレスでつべの動画を貼っておきましたよ。(ジゼルの途中からです)

キスクラの中野さんの表情が懐かしい感じですね~。「来季はメラメラと燃えますゼ・モード」全開です!

本命視、やたらな期待がかかるとプレッシャーに弱い方のように感じていましたが、今大会は見事それをねじふせた、そのこともファンとしてとても嬉しいです


たぶん中野さんはおっしゃるようにプレッシャーに弱いけれど、きっとたぶん逆境には強いんじゃないかな、なんてSINSEIは思っておりますよ。(笑)

ご本人が内容に満足していないことが、逆に練習においての調子は上をむいてきたのかな、などと感じました

そのTaWaShiさんの洞察力、好きだなぁ~。そうか、そういうことですよね。その練習の成果が出るのは来期に持ち越しということで、楽しみですね!

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2009.2
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
 
Created in 0.0249 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger