ppBlog — the powerful personal-publishing tool

David Bowie / Fame And Fashion アナログレコードのデジタル化

David Bowie / Fame And Fashion
『David Bowie / Fame And Fashion』1984年発表

.
SINSEIの中でデヴィッド・ボウイで好きな曲といえば
.
第一位 Five Years(アルバム「ジギー・スターダスト」)
David Bowie - Five Years Live 1972Link
.
第二位 Space Oddity(アルバム「スペイス・オディティ」)
David Bowie - Space OddityLink
.
第三位 Starman(アルバム「ジギー・スターダスト」)
David Bowie- StarmanLink
.
第四位 Ziggy Stardust(アルバム「ジギー・スターダスト」)
David Bowie - Ziggy StardustLink
.
第五位 Changes(アルバム「ハンキー・ドリー」)
David Bowie ChangesLink
.
まぁあと細かいところで「Rebel RebelLink 」(アルバム「ダイアモンドの犬」)とか「Life On Mars?」Link (アルバム「ハンキー・ドリー」)とかありますが、
.
要するにミック・ロンソンなんかが居た頃を中心にロックっぽくてグラムだった頃が好き。ブライアン・イーノ辺りといろいろやっていたニューウェーブっぽいのは嫌い。
.
とはいえ実はアルバムをちゃんと通して聴いたのは「ジギー・スターダスト」)くらいなもので、後はベスト盤といったところなので、そんな偉そうなことは言えないんだけれど、、
.
それでも何というか、最近70年代ロックなんかがテレビで取り上げられるのは嬉しいし、全然かまわないんだけれど、あんまし何の意味もなく、とってつけたように扱われるのには、ちょっと疑問符?
.
なんのことかって?いうと、、、10月に放映される新ドラマ「流星の絆」での番宣CMでのCM曲。デヴィッド・ボウイのSpace Oddityが使われているんだけれど、初めて見た時は「うぉ!」って思って、んでネットでドラマの内容あれこれ調べてみたけれど、全然曲の内容と関係ないじゃん?
.
戸田恵梨香は好きだしドラマはまだ見ていないので、ここでドラマの評価を云々するつもりはないけれど、番組宣伝のプロモーション戦略として、こんな風にボウイの、しかもSINSEIが好きな曲が、こんな風に(安直に)扱われるのは、ちょっと不快。
.
と、いつになく不快感丸出しの記事になってしまいましたが、気を取り直して。。。
.
このアルバムはボウイ自らの選曲によるRCA時代のベスト盤ということらしいです。SINSEIの好きな曲では上記の中では、「Space Oddity」「Changes」「Starman」の3曲が収めらております。
.
特にこの「Space Oddity」という曲はその音楽のみならず、詞についてもすばらしく、ここでその程度のデビット・ボウイファンであるSINSEIがあれこれ言うのもはばかれるので、こちらをご参考いただくとして、
↓↓↓(後半はほとんど“ミッチー(及川光博)論”になってしまってますが、、、)
Space Oddity"と『流星』のあいだに…。Link
Space OddityLink (訳詞 大意)
.
なんとこの曲が発表されたのは1969年。アメリカでは薬の力で神秘な世界を夢見た「サマー・オブ・ラブ」が絶頂と共にその終焉を迎えようとしていた頃、イギリスではすでにこんなにクオリティーの高い楽曲が発表されていたんですね。

— posted by SINSEI at 04:48 pm   commentComment [3]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [3件]

Up1. TaWaShi — 2008/09/23@22:05:31

こんばんわ、SINSEIさん
タイトルに流星とあるからって、まるでつながりが感じられないではないですね〜
車のCMでLet'sDanceが使われてた時なんかは単純に聞きほれたけどと思ったけど、SpaceOddityは聖域でしょ気安く使わないでjk!!!といった気分です
ドラマ自体は良いのかもしれないけど、少しは背景に共通するイメージくらいほしいものだ・・ぶーぶー
私はあと彼の曲ではAsTheWorldFallsDownて曲が好きです
ラビリンスて映画のサントラに入っている曲ですが、映画も面白くておすすめです

2. TaWaShi — 2008/09/23@22:31:33

あれ、なんか日本語変だ・・
三行目いらないではないか!はずかし〜

Owner Comment SINSEI Website  2008/09/24@06:54:41

TaWaShiさん、お久しぶりです!こんばんわ〜。

あれ、なんか日本語変だ・・

(笑)SINSEIもたまにやらかします、ニホンゴムズカシィアルヨ (ーΩー )

SpaceOddityは聖域でしょ気安く使わないでjk!!!といった気分です


そうそう!TaWaShiさん、良いこと言うなぁ〜。そうまさに聖域なんですよ、あの曲は。

例えばおっしゃるように、「レッツダンス」とか「ヤングアメリカン」とかだったら全然構わないわけです。「へぇ〜ボウイの曲がCMかぁ〜」なんて聴き惚れると思います。

例えば野島伸司がドラマの主題歌に懐かしの洋楽を使っても、まぁまぁ許せるわけです。

でもでもあの曲はボウイにとっては初期の名曲だし、歌詞も象徴的だし、哲学的なテーマも内包しているし、ファンにとってはまさに聖域ですよね。

他にそんな洋楽ってあるかなぁ〜?って今ちょっと考えてみて、パッと思い浮かぶのはLed Zeppelin の「天国への階段」くらいかな?

その昔、日本で「天国への階段」というドラマがありましたが、試しに数話だけ見てみましたが、ドラマ自体は決して悪いドラマとは思いませんでしたが「何故に天国への階段?」と疑問符ではありました。(挿入歌的にこの楽曲が使われていたような気もしますが、ちょっと記憶不安です)

逆にチェ・ジュウが出ていた韓国のドラマ「天国の階段」はかなりこの楽曲や詞を意識して作られていたのかな?(その辺りは兄貴の方が詳しいかも?)ドラマ内でもこの楽曲が使用されていたとか?(日本での放送では著作権の関係で他の曲と差し替え)

あ、すいません、、、話がそれてしまいました。。。``r(^^;)

私はあと彼の曲ではAsTheWorldFallsDownて曲が好きです
ラビリンスて映画のサントラに入っている曲ですが、映画も面白くておすすめです

ああ、ラビリンスかぁ〜。観たような、観て無いようなぁ。。。

確かテレビでやってた時になんかしながら見てたので(流していただけかも)ほとんど覚えていないのが現状です。。。(スイマセン)

ジェニファーコネリーですよね、可愛かったよなぁ。(あいや、今でもお綺麗ですけれど)

あれは見ましたよ、あれなんでしたっけ?モッズの映画。あ、「ビギナーズ」か。(←でもこれまあんまり覚えて無かったりして、、、)

で今、デビット・ボウイのWikipediaへ行ってみましたが結構映画出ているんですね。(もちろん「戦メリ」と「最後の誘惑」は観てますよ)

え?ええ?えええぇぇぇえええええええ?
「ツイン・ピークス〜ローラ・パーマー最期の7日間」に出てましたっけ?観てるけれど覚えていない!

って、結局何にも覚えていないんじゃん!
(。_+)☆\バキ(-.-メ)

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2008.9
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 
Created in 0.0529 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger