ppBlog — the powerful personal-publishing tool

BREEZE LEAST カセットテープのデジタル化

カセットテープのデジタル化というか、段ボール箱の中のカセットテープの山の中からCDを発掘するコーナー!(なんだそりゃ?)
.
というわけでBREEZE LEAST(ブリーズ リースト)の「Breaze Least」である。(訳するなら「ほんのわずかなそよ風」といったところか?)
Breeze Least
『BREEZE LEAST / Breeze Least』 1986年発表

.
80年代中ごろ群馬 前橋を中心に活動していたバンド、と記憶しているが実は詳細は良くわかっていない。あるとき兄貴が買って来たアルバムがこの自主制作版のファーストアルバム「Breaze Least」(LPレコード)で、聴かせてもらって兎に角めちゃくちゃ気に入ってしまって、カセットテープに録らしてもらって何度も何度も聴いた物である。(肝心のアナログレコードは現在紛失中)
.
当時東京に住んでいて神奈川の大学に通っていたSINSEIの周りではほとんどこのバンドのことを知る者はいなかったけれど、一人だけ群馬出身の大学の後輩だけは知っていたので、地元では結構有名なバンドだったのかも知れない。
.
で、いつものように「Breeze Least」で検索をかけてみたら、なんと公式ホームページがあった!現在も活動中とのこと、、、ビックリしたぁ〜。
.
BREEZE LEASTLink
.
現在は女性ヴォーカルを迎え入れセカンドアルバムも発売中!
.
ん???なんと、なんと、、、ファーストアルバムも「FIRST ALBUM REMASTER」としてCD化されているし〜。
.
で、早速メールで問合せてから購入してしまったんですけれど、、、``r(^^;) 先日届きました。驚いたのはバンドリーダーでギターの山内氏から直接メールが届き、山内氏が直接発送してくださいます。(ちょっと感動しました)
.
ああ!やっぱりカセットテープで聴くのよりは音が良いよ〜!(感涙)
.
音(サウンド)の方はというと、なんというか、あえて言うなら、ディオじゃない頃のブラックサバスとディオの頃のレインボーを兼ね備えたというか、ギターは確かSGを使っていたと記憶しているけれど、、、違ったかもしれない。。。
.
ギターはトニーアイオミばりの硬質感あふれるリフにリッチーブラックモアばりの疾走感溢れるギターソロ。結構ギターソロの組み立てかたが(その音使いは別として)ランディー・ローズを彷彿させるような、良く練られて組み立てられたソロと言った感じでツボにはまります。音的には中抜けした音?と言えばよいのかな?低音と高音を強調したような音です。(たぶん)
.
ヴァーカルは人によって好みが分かれると思うけれど、SINSEIはそんな嫌いじゃないです、このヴォーカル。
.
一曲目のバンド名でもあり、アルバムタイトルでもある「Breaze Least」
「トニーアイオミが "Kill the King" を弾いたらこんな風になるんじゃないかい?」と思わせるくらいの疾走感溢れる様式美メタルの名曲ですね。ギターソロがめちゃくちゃ良い!キーボードとユニゾンするところなど鳥肌者ですね。
.
二曲目「Must Be Crush」
ギターソロでは早弾きを多用せずじっくりと弾きこんだ泣きのソロで良いですね〜。
.
三曲目の「Dolphin Tradition」
「うわぁ〜こんなギターソロ初めて聴いたよ〜」と当時思ったのを思い出しました。夜の大海原を行き交うイルカ達の愛の語らいをギターでこのように表現するとは!情景が目に浮かびます。
.
そりゃ〜今までギターソロで象と話したり(エイドリアン・ブリュー)、恋人達の最後の語らいをギターで表現したり(ジェフ・ベック)と聴いてきましたが、イルカというのは良いところに目をつけました。ナイスアイデアですね。
.
四曲目「Damnation」
曲的にはSINSEI的にはいまひとつですが、やはりギターソロが良い!トリッキーなプレイに走らないところがまた好感が持てますね。
.
五曲目(昔で言うところのB面一発目)「Gate Tower」
これまたノリノリなメタルナンバーですね〜。王道です!もうリフが始まったとたんに自然に首振ってるもんなぁ〜(笑い)早弾きオブリガートがゾクゾクと来ます。ギターソロが超ぅ〜カッコよい!(ランディローズの「Revelation (Mother Earth)」の後半のギターソロを彷彿させます!)車に乗っていたら思わずアクセル全開!思わず走り出したくなるようなギターソロ(笑い)
.
六曲目「Caprice No,9〜Dread To Death」
パガニーニの24のカプリース 第九番から始まるこの曲は、ブラックサバス風の重々しい曲調にブラックサバス風の展開を見せますが、、、ああ、これまたギターソロが何とも素晴しい!張り裂けそうな突き刺さるようなギターソロというのはこういうのを言うんだろうなぁ〜名演です!
.
七曲目「Not The Hold」(本チャンラスト)
アルペジオのスローな曲調で始まる、いわゆるバラード曲ですね。しかし後半に行くにつれてハードになってきます(これまたメタルの王道!)途中のキーボードのバロック風の音色が涙を誘います。でギターソロはというと、なんとバッハの小フーガ(ト単調)もうすでに泣いてます。(T^T) ああ、なんという名曲。。。
.
あとボーナストラックということで今回CD化に辺り3曲最近の曲(かな?)が追加されております。
.
最後にこれだけの名盤を20年以上の歳月を経てCD化してくださって誠にありがとうございました。送られてきたCDと一緒に同封されていたワープロ打ちのメッセージによると、
.
もともとファーストアルバムのCD化は全く考えていなかったけれど、いろいろな人から訊かれてとりあえずマスターテープをDATにダビングしたとのこと。けれども傷みが酷かったのであきらめかけていたけれど、
.
「修正、加工を繰り返し一年かかって完成しました。」
.
とのことらしいです。
.
700枚ほどしか世に出回っていないアナログレコードの名盤がこうしてCD化されてまた良い音で聴けるというのは感動ですね。
.
興味のある方はこちらでいくつか視聴が出来ます。(BREEZE LEAST、GATE TOWER、DAMNATION)
BREEZE LEAST SongLink
.
また気に入られた方がいらしたら是非こちらで購入してみてください。
BREEZE LEAST ITEMLink
.
(3/5 以下訂正というか補足です)
SGは持っていたようですがほとんど使ってなかったとのことです。
ギブソン・フライングVとフェンダーJストラトが半々くらいとのこと。

それと前橋でも活動していたようですが、中心は桐生だったとのことです。
.

— posted by SINSEI at 11:26 am   commentComment [8]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [8件]

Up1. 兄 — 2008/03/01@21:09:43

>(肝心のアナログレコードは現在紛失中)
あのぉ、サラッと書いてあるけど…。一応俺のなんだけど…。orz

あの頃は渋谷・新宿の怪しげなレコード屋に足げ良く通ったなぁ。大学に行かないで。(^^;
懐かしすぎるぞ。(笑)

>山内氏が直接発送してくださいます。
凄い!まだ活動してるんだぁ。なんか嬉しくなるね。

>「修正、加工を繰り返し一年かかって完成しました。」
す、素晴らしい!俺も注文してみるよ。

Owner Comment SINSEI Website  2008/03/01@22:05:03

どもです。

>(肝心のアナログレコードは現在紛失中)
あのぉ、サラッと書いてあるけど…。一応俺のなんだけど…。orz

あ、いや、兄貴が持っているものばかりと思ってました。。。私が失くしたわけじゃないよ〜。

ちなみにページェントの「螺鈿幻想」の24bit DIGITAL REMASTER(紙ジャケ仕様)もみつけてすでに購入済です。(ちなみにこちらもアナログレコードは現在紛失中)、、、``r(^^;)

>「修正、加工を繰り返し一年かかって完成しました。」
す、素晴らしい!俺も注文してみるよ。

是非注文して見てください。曲は今から聴いてみると好き嫌いの分かれる曲もありますが、ギターソロに関してはどれもすばらしい!捨て曲無しですね〜。

公式サイト記載のメールアドレスに直接「FIRST ALBUM REMASTER 購入希望」って感じでメールを送ると山内氏から返事が来ます。

ちなみに支払いは銀行振り込み(手数料負担)です。

3. ドイツ特派員 — 2008/03/02@00:34:48

あのー、マニアの方の会話に付いていけないんですけど(笑)。

はっきり言って全然知りませんでした、このバンド。そりゃ前橋まではどうしようもありません。それにしてもこのバンドもBlazeほどじゃないが活動を続けていることが素晴らしく、更にSinseiさんの記事からも「聴きたい」気分が盛り上がるってもんじゃないですか!

あ、この前Ebony EyesのG・金谷氏のソロを聴きましたが、あれは良いです。ああ、またマニアの会話に...。

Owner Comment SINSEI Website  2008/03/03@00:03:49

ドイツ特派員さん、どもです!コメントありがとうございます。

あのー、マニアの方の会話に付いていけないんですけど(笑)。

いやはや、局地的にマニアというか、、、そういうドイツ特派員さんは幅広くマニアというか。。。

はっきり言って全然知りませんでした、このバンド。

いやいや知らなくて当然ですよ。ネットでもほとんど情報ありませんからね〜。当時SINSEIの周りで知っていたのも兄貴と兄貴の友人とSINSEIの後輩くらいなもんでしたから。。。

でも好きだなぁ〜このアルバム。自主制作(インディーズ)盤なのに全然チープな感じがしないんですよね。

楽曲も良いけれど、ギターソロがほんと良いです。ブログ記事内で「(その音使いは別として)ランディー・ローズを彷彿させる」なんて書いてますが、いやいや音使いも結構ランディっぽいですよ。

ちなみに公式ページの裏ページみたいなのもみつけちゃいました。(トップからは行けないみたいです)
http://www.breezest.com/Kazuhiro/Link

あ、この前Ebony EyesのG・金谷氏のソロを聴きましたが、あれは良いです。ああ、またマニアの会話に...。

す、す、すいません、Ebony Eyesがわからないです。。。``r(^^;)

ちょっとネットで調べて見ましたが、、、「京都様式美系速弾きギタリスト」おお、なんかすごそうですね。「エクスキャリヴァー」っていうバンド名はなんとなく聴き覚えがあります。それにしても 『Hard Rock Renaissance』良さげですね。

5. Ryo — 2008/03/09@20:15:21

初めまして、BREEZE LEASTのドラムをやっていた
Ryoと申します。
自分が演奏したレコードが紹介されていたので
嬉しくて書き込ませてもらいました。
当時自分は高校を卒業したてで、へたっぴな
ドラムなんですが、山内さんのギターは
ホントかっこよかったですねー。
これは今でもよく聴いています。
ではでは。

UpOwner Comment SINSEI Website  2008/03/09@22:55:52

Ryoさん、はじめまして!コメントありがとうございます!

BREEZE LEASTのドラムをやっていた
Ryoと申します。
自分が演奏したレコードが紹介されていたので
嬉しくて書き込ませてもらいました。

うぉ〜マジですかぁ〜!こちらこそ恐縮です!

なんだか偉そうに勝手なことを書かせていただきましたが、喜んでいただけていれば幸いです。

当時自分は高校を卒業したてで、へたっぴな
ドラムなんですが、

ええ?そんな若かったんですか?全然へたっぴなんてこと無いですよ。コージーパウエルばりの疾走感溢れる♪ズッタズッズタ、ズッタズッズタ のリズム、好きだなぁ〜。

「Breeze Least」のイントロのところとかすごくカッコよいし、なによりも「Gate Tower」のギターソロのバックなんてかなり気合入れて叩いてませんか?

自分は昔ベースをやっていたんですけれど、すごく合わせやすい感じというか、合わせて心地よい感じのドラムですよね。速い曲にしてもミドルテンポの重い曲にしてもヘタすると単調になりがちですが、リズム隊が心地良いから決して単調に聴こえないですよね。

そしてその上に山内さんのギターが乗るからゾクゾクと鳥肌が立ってきますよ〜。

山内さんのギターは
ホントかっこよかったですねー。
これは今でもよく聴いています。

同感です。これだけの名盤、全然世に知れ渡っていないなんて、、、残念ですよ〜。

この度はコメントどうもありがとうございました。また何かありましたらお気軽に遊びに来てください。
<m(_ _)m>

7. Ryo — 2008/03/12@20:47:13

たびたびお邪魔しますー。
BREEZE LEASTのドラマーとしては
たぶん2人目か3人目、なので
前のドラマーのフレーズをそのまま
使ってるものもありますが、とにかく
山内さんは完璧主義なので、練習の時も
ライヴの時も大変でしたねー。
ドラマーとして、すごく鍛えられました。
Must Be Crush、Not The Holdあたりは
自分が加入してからの曲なので、
フレーズ的には納得かなあと思ってます。
ちなみに、Gate TowerとMust Be Crushだけ
他の曲と音質が違うのは、レコーディング時期が
確か半年以上違うからなんですねー。
ではではー。

Owner Comment SINSEI Website  2008/03/12@23:54:39

Ryoさん、またまたコメントありがとうございます!

BREEZE LEASTのドラマーとしては
たぶん2人目か3人目、なので

おお、そうだったのですか。

山内さんは完璧主義なので、

あら、やっぱりー。ギターソロがどの曲も良く練られていて計算しつくされている感じがしたから、恐らくそうなんじゃないかなぁ〜とは思ってました。

でもそれでいてノリもしっかりとあるし、情緒的で、どれもひしひしと突き刺さるような、心揺さぶられるソロばかりですよね。

個人的にはGate Towerの中盤、キーボードだけになってリズム隊でアクセントつけて、ギターソロになだれ込むところの感じがすごく好きです。(ヴォーカルが「ギャオ!」って言うところです)そしてギターソロに入ってからドラムもベースもフルスロットル!その上に乗っかる怒涛のギタギターソロ、かなりいい感じですよね!

ちなみに、Gate TowerとMust Be Crushだけ
他の曲と音質が違うのは、レコーディング時期が
確か半年以上違うからなんですねー。

おっと、、、すいません気がつかなかったです、、、``r(^^;)

裏情報いろいろありがとうございます!ほんとBREEZE LEASTについてはバンド自体の情報については何も知らなくて、本当にレコードの音だけしか知らなかったものですから、とても興味深いお話が聞けました!

ありがとうございます!

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2008.3
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 
Created in 0.0305 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger