ppBlog — the powerful personal-publishing tool

GPファイナル2007 イタリア・トリノ パラベラ 女子SP 波乱な幕開け

トリノ リアルタイム時間だと本日早朝にも結果が出ていたはずだけれど、地上波放送に合わせて結果を見ないようにしていたので、今日一日中ネットが出来なくて辛かった。。。``r(^^;)
.
あ、つーか朝五時に一旦目が覚めたんだけれど、起きれなかった。。。
.
ではとりあえず結果から。
Ladies - Short ProgramLink
.

1 ヨナキム         64.62=34.90+29.72
2 キャロライン・ジャン  61.82=36.50+25.32
3 カロリーナ・コストナー 59.86=32.26+27.60
4 中野友加里       59.78=32.50+27.28
5 キミー・マイズナー   59.08=30.40+28.68
6 浅田真央        59.04=31.00+28.04

.
ご覧の通り大波乱の大混戦状態。
まず一見して分かるのが、ジャン選手。PCS(演技構成点)は6選手中一番低いのにTES(技術点)はキムヨナ選手を上回る点数でSP2位の好位置をキープ。シニア初参戦で初ファイナルなにに余裕すら感じさせる。ばけものか!?(PCSも今後どんどん上がってくるに違いない)
.
それから3位以下はご覧お通りいずれも59点台の団子状態。
.
キミーマイズナー選手。最後密かに小さくガッツポーズに思えたけれど、点数が思ったほど伸びなかった。SINSEIこのスパイラルで始まってステップで終わるプログラム、嫌いじゃないんだけれどなぁ〜。もうひとつ何かが足りないようなぁ。。。最後のステップ、もっともっと力強く滑ってくれたらなぁ〜。大きく盛り上がると思うよ。
.
地元期待のコストナー選手。この人のSPはほんと好きだなぁ〜。ステップもスパイラルも素敵だけれど、ステップの前のレイバック・スピンも美しい。3位でSP折り返しだね。
.
中野友加里選手。あれ?ノーミスだったよね?プロトコルがまだ出ていないからよくわから無いけれど、あまりの点数の低さに会場から大ブーイングが鳴り響いたのには驚きました。ありがとう!トリノ!
.
@nifty:Sports@nifty:フィギュアスケート特集:グランプリファイナル2007 女子シングルSP終了 中野友加里4位Link
だが得点が出た時、思わぬ出来事が起きた。トリノのお客さんたちはこの点数に対し、大きなブーイングをしたのだ。次の滑走者は、地元の星、コストナー。普通ならばお客さんの気持ちはすぐにでもコストナーに移ってしまってもおかしくない。それでも観客たちは、確かに彼女の演技に何かを感じて、「もっと点数が出てもいいぞ!」と言ってくれたのだ。
 キス&クライでちょっと顔を曇らせていた中野友加里は、このブーイングを聞いただろうか。これこそが、今夜の彼女の得たもの。点数や順位では表せない、この演技を心で受け取った人々の、確かな評価だ。

.
そして誰もが驚いた、予想通りの1位のキムヨナ選手と最下位の浅田真央選手。
.
今季SP絶不調の浅田選手はここが正念場と言うか堪えどころ。トップスケーターの誰もがこのどん底をから這い上がってきている。明日のフリーに期待したい。
.
でもでもでも、3F-3Loでのミス、跳べなかった3Lz、曲が悲しげなだけに見ているほうも辛かったけれど、その後の2Aは完璧だったし、何よりもスパイラルやスピン、そして今季最も見て欲しいと本人が語っていたステップはとても美しく、昨季よりも大きく成長したことが伺える。ジャンプだけじゃない「魅せるスケーター」として大きく変貌しつつある彼女、まだまだやってくれると思う。
.
(そして今回涙をみせなかったのは精神的に強くなった証拠か?)
.
@nifty:Sports@nifty:フィギュアスケート特集:グランプリファイナル2007 女子シングルSP終了 浅田真央6位 ショートプログラムの呪縛Link
フリーで挽回できることがわかっていても、彼女たちは気楽に臨めない。フリーで挽回して勝てたとしても、ショートプログラムで失敗した悔しさは消えない。
 勝負を制しても自分との戦いに敗れたことに忸怩たる思いを抱きながら、次の試合ではもっと! と彼女たちは思う。浅田真央は今シーズン、ショートプログラムに2試合とも失敗しながら優勝し、「結果は出しているけれど不調」と囁かれているが、実はその力はどんどん上げてきている。これは、ショートプログラムの悔しさをバネに、どんどん練習を積んで、どんどん上手くなっているからだ。
 いまはショートプログラムの呪縛に、苦しんでいる。でもこの呪縛を乗り越えたら、もっと強くなっている、そんな新しい仕組みを、フィギュアスケートの神様は才能あふれる彼女たちに与えてくれたのかもしれない。

.
キムヨナ選手。たぶんこの娘は心優しい娘なんだろうなぁ〜。なんとなくだけれど、最初の3-3のミスも浅田選手に引きずられてミスしてしまったように思えたし、プログラム終了後のインタビューも何気に真央ちゃんを気遣っているように思えたのは深読みのしすぎだろうか?アスリートたるものあんな発言するべきではないのに、でもそんなところが彼女らしさであり人を引きつける魅力なのではないだろうか?なんとなくそんな深読みをしてみました。
.
さぁ!いずれにしても最終決戦は明日!(日本時間の早朝)何が起きてもおかしくないフリープログラムで皆さんの素晴しい演技を期待したいです!
.

— posted by SINSEI at 10:17 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2007.12
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 
Created in 0.0272 sec.


T: Y: ALL: Online:
ThemeChanger